夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)

著者 : 村山由佳
  • 集英社 (2005年1月20日発売)
3.30
  • (94)
  • (215)
  • (685)
  • (59)
  • (11)
  • 本棚登録 :2037
  • レビュー :207
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087477740

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 涯とうさぎが最後まで幼なじみでいつづけたのがよかった。 涯の気持ちは痛いほど分かる。 大切なものは絶対に失いたくないもの。 最後にマリコさんが教えてくれる涯の名前の意味が、納得はできるんだけどあまりに切ない。

  • お互いの恋愛に対してあれこれ言う主人公と幼なじみ。この二人を見ていると人に優しくなりたいと思えてくる。

  • 主人公と幼馴染うさぎとの微妙な関係がよかった。うさぎの性格が好き。

    「女の人はツライことは忘れても、優しくされたことは忘れないものよ」

  • だから?、先生と生徒の間の恋愛は なし だって・・・・。

  • 面白くなくはないんだけど、登場人物が男性も女性もテンプレ過ぎて驚きが無い。だから当然結末も驚きが無い。無難過ぎて微妙。

  • たまにはこんな恋愛小説以外のなにものでもないような作品もいい

    筋は最初からわかりきってたけど、
    ところどころにいいなぁって思う描写があったりして
    さらっとあっというまに読めました

    男性から見た、世の中の年上の彼女像はこんな感じなのかな

  • 不器用な幼なじみの二人は割とどうでもよくて、もっとマリコさんの心理が知りたかった。

  • 再読。
    不倫ものだけどドロドロではなく、人間関係の描き方が好き。

  • 何気なく手に取ったら一気に読んじゃった。こんな青春小説、久しぶり(苦笑)。いいなあ、若いって。安心して読み切りました。
    それにしてもこの本、初版が98年。だから、97年に卒業した僕と時代がほぼ被る上に、舞台が吉祥寺。まさしく僕の生まれ故郷で、大学時代も殆どそこで過ごした。だから景色はメッチャ懐かしい。大事な場面を作るCDがプロコル・ハルムの「青い影」というのも。僕ら世代には、シルビアのおかげでリバイバルヒットした歌だからね。あのオルガンのイントロが思い出されます。

  • 恋愛×青春
    不倫のわりに爽やかなのは、青春要素(バンド活動、
    異性の恋人未満友達以上の幼馴染)が、あるからだろうな

    タイトルが好きです

全207件中 1 - 10件を表示

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)のその他の作品

村山由佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)に関連する談話室の質問

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)はこんな本です

夜明けまで1マイル―Somebody loves you (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする