夜明けまで1マイル somebody loves you (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.30
  • (97)
  • (217)
  • (693)
  • (61)
  • (11)
本棚登録 : 2097
レビュー : 210
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087477740

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  とてもきれいな、よくできた話。うわあ、若いってこういうんだったよね、って照れてしまう。

     ただし、正直狙い澄ました月9みたいな展開と、ラストくらいにどーんとやってくる説教臭さが鼻について、個人的にはもうひとつ。お話はとてもおもしろいのだけれど。
    2009/2/5

  • 村山由佳さん初読み!
    こてこての恋愛小説。

    音楽に夢中な男子大学生と女性教師の不倫の話。
    でもドロドロしてない。
    うさぎやバンドのシーンがあるからなのかな?
    個人的にうさぎに共感!
    こう思ってる女の子って結構いると思う。
    オチが読めちゃったけどこの終わり方が1番合ってるのかも。
    続き気になる~

    ただ恋愛小説読むと考えが止まらなくなって疲れるから村山作品はたまにで。笑
    でもすごく読みやすい!
    読書が苦手な人もスラスラ読めるのでお薦め!

  • 村山由佳大好き。
    ほんとはまってます。

  • ありがちな年上の女との不倫の話・・・ 心理描写はきれいなんだろうけど自分には無縁と思っているからあんまり共感できなかった。

  • 誰かを必要だと思うのに、
    誰かを好きだと思うのに、
    何か理由がなきゃだめなのかな。

    人って出逢った時点でもう運命なんだね☆

  • 軽快なのに、時折とても考えさせられる作品だった。
    ラストの展開はとても綺麗で、淡く切なく、身に沁みる作品。

  • これはフリンなんかじゃない、恋だ。
    バンドとバイトに明け暮れる大学生の「僕」。美人でクールな講師のマリコ先生に恋したけれど、学生と教師、しかもマリコ先生には夫がいる。不器用でひたむきな青春の恋の行方。 (amazonより抜粋)

  • 読み終わった
    村山由佳好きの友達が持っていたので借りて読んだシリーズ。

  • 泣ける恋愛小説

  • バンド大学生
    愛人教官
    不器用なうさぎ

全210件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。
1991年 『いのちのうた』でデビュー。1991年『もう一度デジャ・ヴ』で第1回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞佳作、1993年『春妃〜デッサン』(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』に改題)で第6回小説すばる新人賞、2003年『星々の舟』で第129回直木三十五賞、2009年『ダブル・ファンタジー』で第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞、第22回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。ほか、代表作として『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズがある。

夜明けまで1マイル somebody loves you (集英社文庫)のその他の作品

村山由佳の作品

ツイートする