若葉のころ (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.64
  • (125)
  • (95)
  • (286)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1109
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4部作の完結編。

    凛一は大学2年生になり、同じく京都の大学へ進学した、
    ひとつ下の従弟、正午と暮らしている。

    嬉しかったのは、有沢さんが再び登場したこと。
    なんでこんなに、魅力的なんだろうこの人!狡いよ!

    3作目の「彼等」で千迅さんが凛一に言ってたけど、
    「なにがどういいのか。ただの男だろう、どうしてそう惚れるんだ」
    って、ほんとだよ・・・。氷川さんも確かに素敵だけどさ・・・。
    有沢さんのどこが不足なんだ、凛一~

    でもたぶんそういうことじゃないんだろうな。
    凛一はもともと無意識のうちに、自分を傷つける、酷い扱いをする人に寄っていくし、
    避けようと思えば避けられたのに結果的に自分が傷つく選択をするところがあるな~
    氷川さんは、将来的には女の人を選んで普通に結婚していく気がする。
    それでも、氷川さんと一緒にいることを選んだ。

    最後の凛一の台詞は、華道の家元を継ぐ者としては可笑しな台詞だけど
    凛一の無邪気で可愛らしい一面が見られて嬉しかったし、良い終わり方だと思った。

    人物、景色、時代背景、花や自然の描写などなど
    全てがほんとうに綺麗な作品。何度でも大事に読み返したい。

  • 割と時間かからずに全巻読めました。
    まあ、退屈ではないですけど・・・
    この人のお話は、目立った起伏が少ないような気もします。
    ちょっと物足りないような・・・
    漂ってる雰囲気はものすごく好きな場合が多いですが。

  • 氷川さんしっかりしてよ!な最終巻
    有沢が帰国
    正午は相変わらずツンデレ
    千迅や千尋はどうしたいのかわからないし
    マネージャーとラグビー部腹立つ

    個人的は有沢と幸せになってほしかったけど
    体の欠陥が2人に共感を生んでると思うし
    有沢の表層に対する執着も凛に関してだけは違うし
    何より氷川みたいな中途半端な真似しないし
    大体女と平気で付き合うくせに凛が他の男といるのは許せないって言うのが許せない
    凛が幸せならそれでいいけどさぁ

  • シリーズ最終巻。やはり何といっても全体的に漂う夏の終わりのような切ない雰囲気が好きなお話でした。
    正直なところ凛一と氷川さんは人間的に正反対であるし全く上手くいきそうにない二人であると勝手ながら思ってしまいますが、互いに悩み傷つき苦しみながらも別れることはないのかな…とも思わせられました。満開の桜でなくてもいい、という凛一の台詞がありましたが、この二人も決して完璧でなくても痛みを分け合いながら一緒に生きていける、という希望のある示唆であってほしいです。

  • 希望が見えて終わってよかった…!
    2人はこれからどうなっていくかわからないけれど、とりあえず”今”を選んだんですね。
    それにしても有沢くん好きだわ…。
    凛一くんはもっと甘えたっていいと思うよ。自分をもっと大切にしていいよ。

  • 読んだのはずっと前やけど、長野まゆみの同性愛を扱った話の中でも、ほもが好きだった頃読んでも、結局完結するまでそんなに入り込めんかった気がする。

    今思ったけど、長野まゆみって成長する少年よりも時間止まった「少年象」の方が、らしさが出てるんじゃないのか。

  • 白昼堂々シリーズ四作目、完結編。

  • シリーズ最終巻というのにゾクゾクと人が再登場して本当に終わるのか不安になりました。でもそれぞれキャラ立ちしてるので名前だけで思い出せるところが凄い。最後の最後で有沢良い人だったなぁ。

  • 凛一、氷川くんシリーズ最終巻。秘密の恋ってどれも切ないです。いろんな人の気持ちが、痛いです。でも、最後は少し救われました。いつまでも、この、本のなかにいたくて、全巻2度読みしてしまいました。

  • 【4】寂しい生い立ちとはいっても、周囲の誰も彼もが何だかんだと凛一を気に掛けて構ってくれてるじゃないか~。我が身の幸せに気付け!もっとありがたがれよ。家元からの手紙なんか、亡き母の愛にジーンと来るじゃないか。ここに来て千迅の過去がクローズアップ。正直、主人公と氷川より、周囲の面々の方が自分には魅力的だったな。ところで凛一にぶつかってくる自転車の件は一体どうなったの?犯人や深層は重要じゃないから明らかにされないのかな。

全84件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

長野まゆみ(ながの・まゆみ)
東京都生まれ。一九八八年『少年アリス』で文藝賞を受賞しデビュー。二〇一五年『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞。

「2019年 『掌篇歳時記 秋冬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長野まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

若葉のころ (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×