エミリー (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.59
  • (212)
  • (281)
  • (574)
  • (40)
  • (4)
本棚登録 : 2054
レビュー : 301
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478181

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。
    ふと「コルセット」を読みたくなって。
    自殺に失敗して、二度と死のうという気持ちが湧かなくなる、あのシーンがどうしても読みたくなって。
    これを初めて読んだのはたしか中学生のときで、「僕」と「君」のやり取りにイライラしたんだけど、今読んでみると思ってたほどじゃなかった。しかしやっぱり「僕」との関係が彼にバレた時の「君」の対応はあまりにも酷すぎて失笑を禁じ得ない。


    「同じ孤独を持つ者同士は、こうして互いを知らず知らずに呼び寄せるものなのでしょうか。」(本文80頁)

    惹かれ合う孤独な二人、みたいな話をこの人はよく書く。それを書かせたらこの人に勝る者はいないかもしれない。
    実際わたしは「コルセット」も「エミリー」もあまり好きではないんだけれど、
    「この残酷な世界に生み落とされたのは、きっと貴方に出逢う為だったのですよね。」(本文214頁)
    この一文だけはどれよりも秀逸な気がした。


    人の名前があまり出てこないのも心地いいよね。

  • 天使のように微笑む君に声をかけることが出来たのは、僕が死ぬ前の人生最高の贅沢でした。どんな美しく洒落たブランドの御洋服より、愛おしく壊れやすく貴重な君との日々だ。
    背伸びをし、憧憬だけで手に入れた美しさは、鏡に映る本来の姿を引き立たせ、夢見がちだった自分と共に、そっと箪笥に仕舞い込みました。それでも私は手放すことが出来ず、自分の弱さに着込みぎゅうぎゅうに締め付けるコルセットの如く、愛してしまったのです。
    白い閃光。コルセットが僕を締め付ける。堕ちる。落ちる。朽ちて枯れ果てる。平凡でも退屈でも良かったのだ。ただ、孤独だったことに気付き、君の存在を感じ、締め付けていたそれを脱ぎ捨てたら30年分の涙が頬を濡らした。

    そのお洋服に身を包み、ラフォーレ原宿前で座り込むお人形。Emily Temple Cuteだけが私を生かす支えであり、世の中の穢れを遮断してくれる美しきものでした。どれほど残虐な行為も、Emily Temple Cuteが忘れさせてくれます。彼女の強さの秘訣も全て、エミリーという居場所があるからでしょう。しかしいつしか、SUPER LOVERSに身を包み同じく闇を抱えた少年こそが、彼女の居場所となり強くいられる御守りになっていました。彼等はいつしか自然と離れていく時期が来るような気がします。新たな出会いがあり、お互い好きなブランドのお洋服を卒業する時が来るのかもしれません。でも初めて闇を分かち合い、暴れ狂うほど掻き乱し、心を涙を番った大切な記憶は永遠のものでしょう。

  • ゲイの男性とノーマルな(しかし男性恐怖症だったりもう男ウンザリだったりな)女性が結婚するのって、私はとてもありだと思っていて、人としての相性がよければ、とても穏やかで、理想的なパートナーだとさえ思っている。表題作はそんな穏やかな関係が始まるといいなと期待させてくれる作品でした。

  • お洋服やアートへの愛がひしひしと伝わってきます。
    milk、エミリーテンプルキュート…私も大好きですよ!

  • 野ばら作品を読んでると
    不意に物が飛んできて
    当たったような衝撃をうける
    あれ?今回は無いかなと油断してたら
    出てきたよ…シイタケ 笑

    大切な人や物や場所があると
    強くなれるんだ な
    同じじゃなくてもいいんだ
    自分にとって 強くなれるお話でした

  • 誰もが経験する童話。でも、大人になれば宝物のような記憶も感触も全部忘れちゃう。だけど、今の幸せな時間はここに存在してる。儚いものほど愛おしい。

  • 「エミリーテンプルキュート」を愛する女の子と、スーパーラヴァ―ズを愛する男の子の、出会いと友情と恋。

    交差はしないけど、お互いをとても大事に思いあっている部分に涙せずにはいられません。

    エミキュのお洋服が好きな人には絶対おすすめ。

    でも、性描写はあんまりいらないなぁと思ってしまいました・・・。(個人的な感想です)

  • な~んか「紡がれた」という形容がふさわしい
    言葉を欲していて
    以前、気になってたけど手にしなかった本を
    手にしました。

    やっぱり美しかった。
    三島由紀夫賞候補になったことがあるというのも
    頷ける。

    イメージを簡単に言うと
    「椎名林檎が着物きてるプロモ」
    カフェでお茶じゃなく、「カフェー」とか。
    洋服や芸術については詳しくわからないから
    読み進める時、人によっては好き嫌いがあるかもしれないけど。

    私は衝撃を受けた。

    恋愛小説3作品のうち
    2番目のコルセット
    (死のうとしている主人公とが結婚予定の女性の恋)
    を読んだ後こういうのいいなぁ、と思い、
    3番目のエミリー
    (男性恐怖症かつ苛めにあっている中学生の主人公と
    ホモの先輩の恋)
    を読んだ後
    すごい・・・と感じた。

    主人公の強さが輝くそれぞれの話の
    ラスト1ページがとても好きです。

  • 「コルセット」が好きだった。また気が向いたときに読み返してね、未来の私。

  • 三作ともに素晴らしかったけど中でも表題作の最後、ほんとうに最後の段落が素晴らしかった。

    "一生、二人が寄り添いながら生きていく可能性は、著しく少ないでしょう。貴方は前にどんどんと前進し、時に打ちのめされ、なんども敗北を味わう。そうすれば戻ってくればいいのです。この夜に。私もまた、未知なる数々の季節の中を手探りで歩き、転び、修復不可なくらいに破損し、自らを見失うでしょう。でもその時は、必ず戻ってくるのです、この聖なる夜に、この夜とこの夜の番いは時間軸の外で永遠に存在し、私たちの帰りをずっと待っていてくれるのですから。"

    共に生きていくことはないと悟りながらも、宝物のような一日を心に、それが続くことを願うのではなく、なんどもそれを支えに、この先生きていけるととてもポジティブな終わり方なのが美しすぎる。

全301件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家。エッセイスト。京都府宇治市生まれ。1998年『それいぬ――正しい乙女になるために』(国書刊行会、後に文春文庫)で、エッセイストとしてデビュー。2000年『ミシン』(小学館文庫)で、小説家デビュー。同作は、単行本と文庫を合わせて16万部に達するベストセラーとなった。03年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』が、二年連続三島由紀夫賞候補となる。04年には映画化された『下妻物語』(単行本は02年刊行)が大ヒットした。この他の弊社刊行の小説作品は以下のとおり。01年『鱗姫』、『カフェー小品集』、『ツインズ -続・世界の終わりという名の雑貨店』、03年『デウスの棄て児』、『カルプス・アルピス』、04年『ミシン2/カサコ』、05年『下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』、07年『変身』、08年『タイマ』、『おろち―olochi,super remix ver.』。公式ホームページURL http://www.novala.quilala.jp/

「2015年 『破産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー (集英社文庫)のその他の作品

エミリー 単行本 エミリー 嶽本野ばら

嶽本野ばらの作品

エミリー (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする