おいしいコーヒーのいれ方 (7) 坂の途中 (集英社文庫)

著者 :
制作 : 志田 光郷 
  • 集英社
3.47
  • (151)
  • (211)
  • (620)
  • (28)
  • (5)
本棚登録 : 2319
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478273

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • また長々しい感じですが、割と丁寧に文章が書かれていて、情景が浮かびやすいです。
    勝利が一人暮らしを始めて、色々と考え始めるところ。
    星野の存在が、だんだん大きくなってきているような気がします。ここまでくると、さすがに重いというかやっぱり好きになれません。最後の星野の番外編も、星野目線で新鮮でしたが、結果を知っているだけに、読んでいて辛かったです。ここまでの想いがあったんだなぁと感じました。
    勝利は、かれんとの歳の差や、かれんと血が繋がってなくても、いとこだという立場によってかもしれませんが、少し嘘をつきすぎじゃないかなぁと個人的には思いました。確かに、嘘をつくべき時もありますが、勝利がついてる嘘や、隠していることは、もっと色々な人を傷つけてしまいそうな気がします。もっと本音でぶつかったりとか、たまにはそういうことも必要だと思いました。
    次も早速読み始めます!

  • 2019/4/15~4/15

    一人で部屋を借りさえすればいつだって好きなときに彼女と二人きりになれるとばかり思っていた―なのに、思うようにはいかない勝利の一人暮らし。バイト先の「風見鶏」では失敗を重ねるし、勝利への思いを断ち切れずに苦しむ星野りつ子が気にかかる。何よりかんじんの「かれん」が離れていこうとしている…。波乱含みのシリーズ7弾には星野りつ子の独白を収録。

  • 面白かった

  • かれんが今の仕事を辞めて介護福祉士になるための勉強をしていることを知った勝利は、心を乱されてしまい、風見鶏でのアルバイト中にたいへんな失敗をしてしまいます。へしゃげてしまった心を抱えたままでかれんに会うことに戸惑いをおぼえる彼でしたが、かれんから直接彼女自身の決意を聞き、二人がおたがいに相手にふさわしい強さを手に入れるため、彼女の応援をしたいと思うようになります。

    なお巻末には、りつ子が主人公の短編が収録されています。ただやはり、最初のほうで思い描いていた彼女のキャラクターとはあわないように感じてしまいました。

  • 図書館

  • ここいらで主人公をとりまく環境やまわりの人々がいい味出しはじめました。伏線回収も随所にあり、最初から読んでないと分からない話もちらほらと。
    次巻以降、大きな展開を期待。
    最後にはもはや恒例?の第三者目線ストーリーが。ここまできたら全員分やってほしい。

  • 2017.2.14読了。

  • 嫉妬、ままならぬ感情だなぁ、というのが非常によく伝わってくる。そして、かれんも踏み出す、自律への道を。上りきった坂に未来は紡がれるのか。ところで、ある程度の結末を迎えたことを知っている神(読者、私)目線からみると、星野ちゃんの回想は全く痛々しい。

  • 2012.10.3

  • 本題である恋愛とは関係のない読書に関するセリフに共感。
    「ただ読んでいるだけでは何にもならない。どんなにすばらしい言葉に出会い、どんなに深く心動かされたところで~行動を起こさない限り、目の前の現実は少しも変わらない。~現実を動かすためのテコにはなるだろうが、テコはひとりでには動かない。実際にそれを手に取って使うのは、やはり自分以外の何者でもないのだ。」非常に重く、そして納得できる言葉だ。

    星野りつこの視点でのanother storyは物語に立体感を与えるもので良かった。ただ、恐らく万人の予想の範疇での思考であり、意外にもこういう感情で動いていたのか・・・という新鮮な感覚がなくその点は期待外れだった。

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。
1991年 『いのちのうた』でデビュー。1991年『もう一度デジャ・ヴ』で第1回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞佳作、1993年『春妃〜デッサン』(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』に改題)で第6回小説すばる新人賞、2003年『星々の舟』で第129回直木三十五賞、2009年『ダブル・ファンタジー』で第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞、第22回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。ほか、代表作として『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズがある。

おいしいコーヒーのいれ方 (7) 坂の途中 (集英社文庫)のその他の作品

村山由佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
江國 香織
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

おいしいコーヒーのいれ方 (7) 坂の途中 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする