谷川俊太郎詩選集 1 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.74
  • (81)
  • (81)
  • (154)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 731
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『言葉を超えた所に 本当の道徳はある。 真実がある。』

         by  アルベルト・シュバイツァー

    つるん、とした玉の様な言葉をリフレインしながら私は迷う。

    かみさまをとらえてしまった詩人がひいた<境界線>の際にいて。

    空間も
    時間も
    あらゆる思想も

    超越したと、思える言葉のむこうに

    また<言葉>が残っていた。

    そんな詩集。

  • 面白かったです。ことばあそびうた、は小学生の頃大好きだったので再会に懐かしくなりました。谷川さんの紡ぐ言葉で世界が広がります。笑ったり、ドキドキしたり。イベントで谷川さんの講演を拝見したことがあるのですが、谷川さん少年のようでかわいくて素敵でした。濃密なひとときでした。

  • 『本物の音楽がここにあった』

    谷川俊太郎というと、みんなはなにを一番に思い出すだろうか。私はといえば谷川俊太郎だって言ってるのに、金子みすゞの『小鳥と鈴と私』が出てくるような程度の低さである。もちろん出てくる過程の中で既に間違えていることに気がつくので、その後には作者紹介でよく使われている優しそうなおじいさんの顔が浮かんでくる。だから、私のなかで谷川俊太郎は詩を生業にしている優しいおじいさんのイメージしかなかった。

    そんな私でも今まで幾度か谷川俊太郎の作品を読んできている。一番近い記憶では『これが私の優しさです』だったかな。確かにその作品を読んだときも、抱いていたイメージよりも硬派で尖っているように感じたことを覚えている。だけど、今回読んだ作品のような辛辣な詩を読む人だとは思っていなかった。

    大小という詩がある。
    谷川俊太郎詩集、朝日新聞社『落首九十九』より引用させてもらいたい。


    小さな戦争やむをえぬ
    大きな戦争防ぐため

    小さな不自由やむをえぬ
    大きな自由守るため

    一人死ぬのはやむをえぬ
    千人死ぬのを防ぐため

    千人死ぬのもやむをえぬ
    ひとつの国を守るため

    大は小をかねるとさ
    量は質をかねるとさ


    以上。
    他には『その他の落首』にも死や戦争がテーマになっている作品が多く見られた。


    にこやかな笑みの下で、谷川俊太郎は身体の中の黒いところまで歌にしていた。自分が(勝手に)抱いていたイメージをあっさりと覆されてしまった。谷川俊太郎の詩で有名な詩がある。『生きる』という作品だ。きっとみんな知っているんじゃないかと思う。(知らない人はググッとやっちゃってください)その作品もまたこの作品を知ってからでは全く違った詩に思えてくる。

    詩を読むことに終わりは無いのだと思った。一頁から最後の頁目まで隅々まで読んだからといってちゃんと読み終わったということにはならないのではないか。あの日パラパラと読み逃してしまった詩に意味を見つけるときがいつか来るかもしれない。詩はどんなに短くても、今日1日で読みきってしまうことはないように思った。これは、少し音楽に似ている。ああ、詩は音楽だったんだ。知らなかったなぁ。

  • 思わずくしゃみしてしまう「二十億光年の孤独」をはじめ、17冊の著作と未刊詩篇より選ばれた滋養あふれる詩の数々。

    “親しい風景たちの中でさえ、世界の豊かさは難解だ”

    そう書いているけれど、俊太郎さんの言葉はまるでそれを解きほぐしているよう。

    “いきているということ”は昔も今も変わらず心の琴線に触れる詩。

  • 普段は詩は読まないが小学校のころ谷川さんの詩を習い興味を持っていたので読んでみた。
    p137除名、p146くり返す、p204生きる、p222ほほえみがお気に入りになった。
    谷川さんの詩は生死について内容の重いのものから言葉遊びまでバリエーションが豊富だった。

  • 詩集はあまり読んだ事のある分野ではないけど、これはかなりいい!
    宮沢賢治の詩集が思考や感情が高い水準に昇華されたものとして味わいがあるのに対して、谷川俊太郎は他者にも秘めた共同の感情を刺激し共感を生み出すところがいいのかもしれない。

  • 谷川さんの詩は、言葉が創り得る優しさと愛のかたちそのもの。
    ほんとうに大好き。谷川さんと同じ時代を生きていることが嬉しい。

  • 母お気に入りの谷川俊太郎の詩選集。

    私が詩集をひらくのはなにか答えが欲しいとき。
    めくりながら探す。見つかるまで探す。
    今夜も胸がぎゅっとなって、それからほっとする詩に出会えました。

    これでゆっくり眠りにつける。

  • 本カフェでたまたま手に取る。情けないことをいえば、詩というものに日頃触れていないせいで詩の読み方というか楽しみ方がわからずとまどった。詩ってそんな考えて読むものじゃないとは思いつつも。
    そして僕のように言葉や本としての「整合性」を重視する読み方をした場合、詩集はほとんど暗号表のように消化が難しいものになるということを発見した。
    昔、国語の教科書に詩がでてきたときはこんなことを考えずに、大きな声で朗読して楽しんでいたはずだ。知恵をつけるということは、つまり頭が固くなるということなのかもしれない。
    『私は王となってあなたという領土の
    小川や町はずれのすみずみまで
    あまねく支配したいと願うのだが
    実をいうとまだ地図一枚もってはいない』
    と始まる”嫉妬 五つの感情・その四”という詩がもっともグッときた。よいとかわるいとか共感するとかじゃない。グッときたのである。説明できないのである。だって詩ですからね。

  • えりすぐっただけあって、どれもいい。

    谷川さんのことばひとつに、わたしは無条件で鳥肌が立ってしまうのですが、、、

    特に好きなのは「博物館」と「海」。
    でも他にもたくさん、こころに残ることばたちばかり。

    うたうため うたうため
    私はいつも黙っていたい
    私は詩人でなくなりたい
    私は世界に餓えているから

    (「牧歌」一部抜粋)

    谷川さんの、朗読の声も谷川さんの詩によく馴染んでいた。ことばも、とても谷川さんに馴染んでいて、それでいて谷川さんと対立している。
    ふたりはぶつかりあっている。だからこのひとのことばは、ひびくんだと思う。


    感覚的にしか、とらえられない。
    そんな気がする。

全71件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

谷川俊太郎(たにがわ しゅんたろう)
1931年、東京生まれ。父に、哲学者・谷川徹三。現在の東京都立豊多摩高等学校を卒業し、1948年頃から詩作の活動を開始。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で多岐に渡る活躍を続けている。
翻訳については、ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』や『スイミー』、ゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』『もこ もこもこ』、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』など。
萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞、三好達治賞、朝日賞など多くの受賞歴がある。

谷川俊太郎詩選集 1 (集英社文庫)のその他の作品

谷川俊太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

谷川俊太郎詩選集 1 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする