ベター・ハーフ (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.34
  • (36)
  • (102)
  • (262)
  • (24)
  • (2)
本棚登録 : 1010
レビュー : 112
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478518

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悩んでて元気の無いときに読みたい本。もったいなくて、読み進めるのを敢えて休憩したり。どうしようもない登場人物たちに自分を投影しながら、彼らががんばり、なんとか進んでいく姿に元気をもらいました。悩みがやっぱり同じで、でもなんとかなるんだ、と希望をもてました。バブルの描写も気持ち良く、唯川さんの男女の本音の書き方はやっぱりすごいし、とにかく大好物な本でした。

  • 結婚って終わりじゃないんだと改めて考えさせられた作品。夫婦とは家族とはを悩んだら、また読もうと思う‼

  • 私達くらいになるとわかるけど、結婚して3~4年じゃわからないわねと貸して頂いた本。先に読んだ主人が「新世界より」より夢も希望もなくて怖かったというのでどんな話かと思ったけれど、私にはちょっと目からウロコなくらい夢と希望のある話だと感じた。これが男女差なのかな。
    お互いの間を埋めるものが憎しみや無関心や軽蔑であっても一緒に時を過ごすうちに少しずつの依存が重なってかけがえのないものになっていく、不思議だなと思うけど血縁の無い人間関係なんてそんなもんかなとも思う。そこを描くのか、と、いちいち出来事とか感情がリアルなだけに真実味もあって本当に面白かった。
    と、同時に私も安心して結婚生活を送れる気がした。結局最後がハッピーエンドだったからね。おもしろいなー。
    自分が千賀とか里佳子になる可能性もなきにしもあらず、とは言えそれはそれでやっぱりみんな乗り越えていくんだよね。
    結婚て普通に特に浮き沈みもなく過ぎる人もいるのかもしれないけど確実に想定外の出来事が2倍に増えた。それに環境要因まで入るんだから社会人って大変だー。

    結婚前の人には絶対にお勧めしないけど、既婚者は結婚をつづける自信になる気がする。

  • バブル最盛期に湯水のようにお金を使い超豪華な挙式披露宴をした一組の夫婦の、その後十年を綴った作品。

    これはめちゃめちゃおもしろかった!!
    のめりこむように読んじゃいました。

    すっげぇリアルでドロドロ(笑)バブル絶頂期の札束が飛び交う世界から、株が大暴落してどんどん落ちぶれて行く人たち。
    リストラや不倫や親の介護、最初は小奇麗な仕事しか嫌だと言っていた主人公永遠子が最後には野菜の袋詰めの仕事をするところなんて、なんかもうすっごいリアル。
    離婚の危機も何度もあって、そのたびに双方ともに「別れよう」って決意してるのに、なぜか別れずずるずると十年すぎるのも、なんていうかリアル。
    そこには見栄とか手間とかあって、子供が出来てからは子供がいるからって感じで。
    ほんと、これを読むと「子は鎹」なんだなぁって思う。
    永遠子が二人目を流産するくだりでは、ちょっと怖くなりましたが。
    うひゃぁ。私大丈夫かしら。ドキドキ。ほんと、妊娠出産って奇跡だよなぁ。

    ラストはなんだかんだ言いながらハッピーエンドでちょっとほっとしました。
    てか、まだまだ続けて欲しかったなぁ。これ、美有が高校生ぐらいになったらどうなるのかなぁ。そこらへんも書いて欲しかったかも。

    とにかく、久しぶりに唯川恵、あたりでした。おもしろかったー!!
    やっぱりこの人は長編がいいなぁ。山本文緒と一緒で。

  • 他の方も書いている通り、本当に自己中心的で見栄っ張りで嫌な人間ばっかりでてきます。主人公とその夫も、なかなかひどいです。笑

    そして嫌なことばっかり起きます。400ページ中、350ページくらいが嫌なことで埋め尽くされていて、どこまで不幸になれば気が済むの~ってくらいです。でもその都度立ち直り、考えが少しずつ変わってゆき、なんとな~くちょっとずつもっと強固な人間になってるのかな。

    唯川さんならではの、きれいごと無しの不幸小説って感じ。笑

    これだから唯川さん好きだ!

  • 2012/6/18 読了。
    20代前半で、未婚の私にはまだまだ理解出来ない所も多かったし、結婚てこんなもんなのだろうか…と思ってしまった。
    でも自分の全く違う世界中に引き込まれて、どんどん先を知りたくなってサクサク読めた。

    現実的で、表向きは幸せそうに見えるけど、裏はすごくドロドロしてる感じ。
    素直に、誠実な恋愛がしたいー。

  • 第八章 夜明けまでの美有がいなくなって、そこから喧嘩になるけど、文彦の「じゃあ、なんで結婚したんだ」に対する永遠子の返答がシンプルやけど、すごく良かったです。

  • 時事ネタがもりこまれてて、時に唐突だな!っていうのもあったけど、時代をリアルに感じられた。結婚て、恋愛と違う。男女として好きでも、家族になったら好きじゃなくなる。。気が合う、一緒にいて楽しい!が結婚後もそうだとかぎらない。。結婚は本当にスタートなんだなと感じた。

  • 結婚はそんなに甘いもんじゃないというのは別に小説に語ってもらわなくてもよくわかっている。
    作者が大真面目に結婚を語った小説なのかどうかはわからんが、とにかく主人公二人は後先考えずに金を使い、不倫やらなにやらをし、相手ばかり責めて話が終わる。それだけの話であった。
    結婚はたいへんだ~

  • 相変わらず、この人の小説に出てくる人物たちは利己的で文句タラタラで嫌な人間ばかり。
    しかも、その嫌な部分があまりにもリアルで、自分にもありそうで怖くなる。だから余計不愉快で落ち着かない。ここまで本音をつきつけられたら身も蓋もないって感じ。
    結婚に夢も希望もなくなる・・・

    それでも、ぐいぐい読まされてしまうのだが。

全112件中 1 - 10件を表示

ベター・ハーフ (集英社文庫)のその他の作品

唯川恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ベター・ハーフ (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする