夏雲あがれ(下) (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.87
  • (15)
  • (10)
  • (21)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 126
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478587

作品紹介・あらすじ

新吾は、藩主の菩提寺で謎の遣い手と死闘を繰り広げる。どうやら藩の内部に蟠竜公一派が再び深く根をはりめぐらせているらしい。そのうえ幕府の高官ともつながりを持っているようだ。果たして蟠竜公の狙いは何か?また隠密組織「白十組」も動きだした。江戸藩邸の誰が敵で、誰が味方なのか?新吾、太郎左、仙之助は力を合わせて、陰謀に立ち向かう-。傑作青春時代小説、感動の大団円。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こちらも10数年ぶりの再読。結構内容を忘れていたし、今回も一気読み。藩校早春賦よりも大きな舞台でより巨大な敵に新吾たち三人組が立ち向かっていく。

    王道の展開ではあるが、青春時代小説ならではの特徴はこのドタバタ感だと思う。息をつく暇もなく新吾には事件が降りかかる。正直物語にしても事件が起きすぎと思うほど。普通は何か複数事件が起きた後、仲間で集まって対策を練ってラストシーンというパターンが多い中、本シリーズの特徴はまだ何の力(政治的にも体力的にも)がない三人だからこそ立て続けに起こる事件の中で縁と運を味方にして進むしかないのだと(少しメタ的だが)解釈している。ただ、運というのもただのラッキーではなく、彼らの正義感や誠実さがもたらすものだからより心地よく感じられる。

    本作以後、続編がないのが少し寂しいがその分想像が膨らむ。太郎左は道場師範になり、仙之助は執政に携わっているだろうが、新吾はどうだろう?変わらず大した役職につかずも藩内の事件を陰で解決している姿が想像できる。白十組に入っている可能性もあるが、蔵人が言うように新吾には光の道を歩いていて欲しいと思う。

  • スリリングかつスピーディーな展開で面白い。ストーリー的には、ピンチの時には必ず仲間が現れて九死に一生を得るといった出来すぎの感がある(まあ、その分安心して読み進めるのだが)。エンディングは、仙之助を新吾と太郎左が救うところで幕となり、幼なじみ志保との仲はどうなるのか、などは描かれていない。なんとなく尻切れトンボな感じ。続編があるののかなあ。

  • 藩の騒動に自ら飛び込んで行く純な三人の侍。友情や藩への忠誠など、多少鼻白んでしまいそうな描写も時代小説なら許されてしまいます。上下巻計800ページ弱の分量ですが、最後まで飽きる事なく展開は進んで行きました。

  • 藩に忍び寄る不穏の陰を察し、誰が味方で誰が敵なのかも分からぬまま、それでも大切な人を守るために動く新吾たち。時代小説は人名や背景が難しくて理解するのは大変だけれど、それでも面白い爽やか青春小説。続編出て欲しいな。

  • 江戸時代を舞台にした青春友情小説。勧善懲悪、青春真っ只中の王道で悪くはないのだが、水戸黄門が1時間だから面白いように流石に上下巻という長さだと捻りや深さがないのが目立ってくる。主人公と親友2人には、身分の差や武運の差など葛藤の原因になり得る設定も作っているのに活かしていないのが残念。

  • 藩内に渦巻く陰謀に立ち向かう若き気鋭の武士、幼馴染みとの友情、吉原花魁とのプラトニックな秘事
    と、好物満載で面白くないわけがない..のだが、最後の核心というか、決め手がなぁ
    そこに落とすのは爽やかじゃないなぁ

  • 青春小説、成長小説として秀逸。 「蝉しぐれ」のような清冽さがある。 しかし現代物だったら、鼻白んで読めなかっただろう。 それほど臭い友情小説だ。 そこはフィクションをフィクションとして読ませるという時代小説の機能を有効に使ってると思う。

  • 借本。
    こういう時代小説なら、いくらでも読みたい。
    上巻同様、早く先を読みたいけど、読み終わらせたくないと思わせる一冊。
    前作の藩校早春賦も読んでみたい。

  • あぁ、面白かった。この前編にあたる話も是非読んでみたいなぁ。最初は3人がそろって活躍する話だとは思いもしらなかった。真っ直ぐな男の友情に憧れる。

  • さて、江戸で再開した新吾、太郎左、仙之助は藩を守るべく、それぞれが力を合わせて黒幕の陰謀を暴こうとするも、幕府の高官の影までもがちらつき始める!更に藩の隠密組織までもが動き始め、誰が味方で誰が敵か分からないまま、いよいよクライマックスへ!!読んでいてドキドキハラハラが止まらないですが、その分謎が解けるたびにスカッとして、痛快この上ないです。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年静岡県生まれ。日本大学芸術学部卒業後、手塚プロ勤務を経て執筆活動に。95年、『剣豪将軍義輝』で、一躍脚光を浴びる。おもな代表作は『海王』『ふたり道三』『夏雲あがれ』『家康、死す』『風魔』『陣借り平助』など。『乱丸』で2015年第4回歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞。近著に『天離り果つる国』がある。

「2022年 『剣豪将軍義輝(中) 孤雲ノ太刀 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮本昌孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×