ねじの回転 下 FEBRUARY MOMENT (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.54
  • (150)
  • (200)
  • (435)
  • (42)
  • (3)
本棚登録 : 1949
レビュー : 156
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白い。

  • 上下巻とも読み終わりました。

  • 上巻に続き、下巻を読み進めます。

    相変わらずの、恩田陸の最終章でまとめあがる感じの展開。
    最後の1章の展開が面白かった。

  • 時間遡行という技術が発達した近未来の国連のとある機関が世界にとっての「より良い歴史」を築き上げるために過去に戻って要所要所を軌道修正していく、というSFモノ

    作中では日本の二・二六事件にスポットを当てて実際に実在した歴史上の人物3人が未来の国連の人らと協力して軌道修正作業をしているわけなんだけど

    過去と未来の時間軸変わるタイミングが結構目まぐるしいので話に馴染むまでちょっと時間かかったし途中ちょっとだらけたりもしたんだけどそういう部分も含めて面白かったし下巻は夢中で読みふけった

    でもまぁたぶんこれは好き嫌い分かれるだろうと思う。私は好き

  • 下巻では、マツモトが大活躍。
    時間軸もクルクル回る。

    より一層SFっぽさを増し、
    226事件は少し置いてきぼり。

    ラスト付近は多少消化不良。

  • なかなか面白かったと思う。二・二六事件にあまり詳しくなかったので、勉強し直す必要があった。
    ただ、タイムパラドックスとしての仕掛けには最後まで理解出来ない部分が多くあって、釈然としないものが残った。曖昧な独自のSF用語ではなく、もっとストレートに表すべきだったように思う。
    だが、ラストにアルベルトとマツモトの孫が出会うシーンは、思わず鳥肌がたってしまった。作者は暗にこの二人を、時間遡行技術を開発した二人の天才とを重ね合わせたのであろうか。それとも、この二人こそがその張本人であるというパラレルワールドの話なのだろうか。その答えはいくら考えても見つからなかった。この出会いが、再び世界を悪夢に陥れる技術を生むのか、 はたまた幸福をもたらす技術を生むのか。それは誰にも分からない。ただ彼らは好奇心を満たしたいだけなのだ。

  • もう10年ぐらい前に新刊で出たときに読みましたが、そのときは複雑すぎてよく分からなかった。でも、改めて久しぶりに読み返してみたら、たぶん私の2.26事件に関する歴史的知識が増えたためでしょう、非常に面白かった。同じ2.26事件を扱った宮部みゆきの「蒲生邸事件」と良い対照です。宮部さんの本は2.26事件の登場人物を知らなくても面白く読めますが、「ねじの回転」はそうはいかない。こちらの方が読者を選ぶのかもしれません。

    多層構造の世界という点では、クリストファー・ノーラン監督の「インセプション」を先取りしたような作品ですし、平行世界を扱ったという意味では、P.K.ディックの「宇宙の眼」に似ているかもしれません。しかし、この作品は2.26事件の首謀者たちへの鎮魂歌として書かれたものと見るのが本筋なのかなと思いました。もし、それが作者の意図ならば、これは昭和の歴史を描いた小説でもあるのです。特に、テロという行為が隠れた主題になっているという点で、この小説が出版される直前に起こった9.11テロの影響が如実に見られます。

  • SF自体は好きなんだけどな・・・。
    めずらしく、はまらなかった作品。
    もっと、二・二六事件に詳しければ楽しめたんだろうけど。

  • タイムパラドックス!

  • ハラハラしながら読むことができた本は久しぶり。
    こういうSFは大好きなんだが、所々で話が難しい。

    自分の好奇心の為に皆を巻き込み、しかもそれを自覚してる奴はクズ間違い無し
    登場人物の誰かの事ね

全156件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

ねじの回転 下 FEBRUARY MOMENT (集英社文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

ツイートする