ねじの回転 下 FEBRUARY MOMENT (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.54
  • (150)
  • (200)
  • (435)
  • (42)
  • (3)
本棚登録 : 1949
レビュー : 156
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私が日本史の中で1番好きな事件。好きっていうのは、変なんだけれども 1番印象に残ってるし、1番勉強した事件 二・二六事件。
    その事件を題材にしたのが 恩田陸の「ねじの回転」。
    最近 読み終わった。
    上巻はハッキリと言って、少し苦労もしたのだけれど
    下巻は1日で読破。

    歴史って面白い。
    ましてや、タイムトラベルはこう、、、、ぐるぐるぐるぐる。

    そんな感じで ぐるぐる する本です。

    以上。

  • 宮部みゆきの『蒲生邸事件』を髣髴とさせる内容。
    しかし、若干ごちゃごちゃ感が残りました。

  • 913.6 オ (2) 登録番号8918

  • <上下巻読了>
     日本近現代を舞台とする、異色のSF小説。
     二・二六事件を題材にした『時間操作物』と言えば、「蒲生邸事件」が先行するが、こちらも十二分に読ませる力作。
     歴史好きなら幾度となく思い描いたであろう、“もしかしたら”『あったかもしれない世界』が、虚構の中に顕現する。
     作中人物が噛み締める苦悩に感化されては、時を遡る、あるいは繰り返すことができる世界というのは、人類にとって、幸福を装った絶望なのかもしれないと感じられた。

  • 話がとてもわかりづらい。
    タイムスリップの話だけに、時間軸がころころ変わる。
    読みづらい、そして終わり方がかなり都合が良すぎる気がしました。

  • そもそも北村薫「鷺と雪」を読んでもっと二・二六事件のことを知りたくなり、それでこの本の存在を知って読んだみたんだけど、恩田作品を読むのは「チョコレートコスモス」に続いて二度目。もともとホラーは絶対に読まない、SFとファンタジーはちょっと苦手なので、恩田さんとは縁がないなーとか思っていたんだけど、いやいやー!これはおもしろかった!! 二・二六事件が、ここから第二次世界大戦へとつながるという歴史の分岐点ともいわれる大切な事件だったんだ、としみじみわかったような気が。読みものとして、戦争とか天皇制とかなんかいろいろ考えさせられて興味深かったし、SFとしても、細かいところはよくわかってないけど(笑)苦手感は感じなくて、なるほどね、と思える説得力をわたしは感じて、しかもなんだかわくわくした。
    なんか、日本人として?もっと昭和史について深く知りたくなった。
    恩田作品ももっともっと読んでみたくなった。(ホラー&後味の悪いもの以外)。
    昭和史にかかわる小説、恩田作品についておすすめがあったら教えてください。

  • 予想を裏切る展開の連続に、どんどん引き込まれていった。時間って、歴史って、なんなんだろう。

  • なんとなく予想がついたところと、
    意表をつかれたところと。

    ちょうど、二二六事件を題材した別の話を読んだところで、
    こっちのほうが歴史には詳しかったのがおもしろかったです。

    ラストで尻すぼみもしくは肩すかしが多い恩田作品でも、
    このラストはよかった気がします。

    どうでもいいですが、上下巻に分ける必要のない厚さではないかと思うのは自分だけでしょうか…

  • もっと歴史に詳しければより楽しめたのだろうと思った。

    読み終わってみて思ったのが、近い将来こんなことにも成り兼ねないんじゃないのかと言う…
    そう言った意味で何だか酷く不安で気持ち悪くなる話しだった。

  • SFというだけあり時間の前後がよく分からなくなる。
    最後にはしっくりくるが一回読んだだけでは理解できない。
    登場人物が日本の歴史にどうかかわった人なのかおさらいしようかな。

全156件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

ねじの回転 下 FEBRUARY MOMENT (集英社文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

ツイートする