ねじの回転 下 FEBRUARY MOMENT (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.54
  • (150)
  • (200)
  • (435)
  • (42)
  • (3)
本棚登録 : 1949
レビュー : 156
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 安藤と栗原。

  • 恩田作品の中で今のとこ1番すきです。おすすめです。

  • 安藤、栗原、石原の運命はとてもかわいそう

    結局シンデレラの靴で歴史を変えていくことすらも歴史の続きである・・ということらしい

  • 時代背景をまったくわからなかったんだけれども、
    すごい面白くて、この「事件」に興味を持ちました。

  • 非常に何回複雑なつくりで頭がこんがらがるけれど、妙にすっきりした作品だった。恩田作品は初めてなのだけど、これがスタンダードなのだろうか?2・26という日本最後のクーデターを取り扱っているのだけど、未来からの『国連』からの外人たちによって、歴史は再生されていく。その理由がわかり、我々日本人は驚愕する。
    マツモトが自分の時間をなんども「つままれ」、自分も時間の感覚がおかしくなる。結局時間がぶれないのはジョンだけだったのか?おもしろかったのだけど、私の祖先であると教えられている真崎中将が腰抜けだったのが、残念で仕方が無い...

  • '09.07.03 読了

  • 同じ時間軸の中でも謎がぶつかりあっているというのに、その横糸に時間軸のズレという縦糸が絡み、もはや語られている話は、パラレルワールドの中の話なのか、夢の話なのか、現実なのか、さっぱりわからなくなる。
    場、という概念も複雑で、結局入れ子になっているのはどこなのか?わからないままにストーリーは凄まじい速度で展開する。
    SF的な要素や枠組みを思い切り楽しむエンターテイメントであるにも関わらず、その枠の中にある人物にもいつのまにか愛着が湧いてしまい、2.26事件の顛末、登場人物の末路については一抹の侘しさや物悲しさを感じずにはいられない。恩田陸、巧いなぁ。

  • 歴史物は、つい史実の部分は斜め読みで済ませてしまう。。
    うーん、何か昔はもっとラストの部分とかに感銘を受けてたような気もするんだが?っていうか、四人目のことすっかり忘れてた。。
    「シンデレラの靴」の例えがすごく分かりやすくって、あそこはとても好き。
    私はSFは得意ではないのかもね。ただ、この本のおかげで2・26事件への印象は変わったので、そういう意味では特別かも?

  • 2008.6.?

  • *上巻のレビューからやってまいりました*

    ちょっとドキドキした上巻終盤から移行.

    上巻で出てた謎とかは段々解かれていくのですが,あまりに多視点で描かれていることにより下巻の途中で頭ごっちゃごちゃになる可能性アリw

    でも上巻を読むときに「あとで色んなシーン思い出せるくらいには真面目に読もう」としたおかげで「あーね,なるほど」ってなれてちょっと読むペースが上がる((´∀`))ケラケラ

    まぁちゃんと回収してたと思う(だってアソコおかしくね?って腑に落ちないとこはあったから。。。).
    だからすごいっちゃすごいけど,疲れる.
    感動とか驚嘆とかよりも先に「終わったー」って感じでした.

    「歴史は自己を修復する」って要するに「物語はループする」ってのをちょっと言い換えたような感じに最後まで読むと聞こえてしまったけど(あー,やっぱこーゆーとこに繋がるのね,みたいな)。。。SFモノでタイムパラドックス的な作品群に対してなかなか斬新な切り口ではあったと思います(偉そうに言ってますがぼくには思いつきませんしww).

全156件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

ねじの回転 下 FEBRUARY MOMENT (集英社文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

ツイートする