ねじの回転 下 FEBRUARY MOMENT (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.54
  • (150)
  • (200)
  • (435)
  • (42)
  • (3)
本棚登録 : 1949
レビュー : 156
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2.26事件を題材に過去をやり直す。。。というSF的な内容で、タイムパラドクスとか、これは一体どうなるの?という読んでいる中でも頭がこんがらがってきそうな話でしたw
    何度も繰り返される中で何が正しいのか、あるいはどうあるべきなのかがわからなくなってきて…
    最終的にはちょっとホラーチックな感じでしたね。
    日本で起きたクーデターとして有名ですが、以前映画で見ていたので、なんとなく内容はわかりましたが、知らないと結構わかりづらかったかなという気もしました。

  • 歴史をベースにしたSF。
    ドキドキした。
    「正しい歴史」とは?と考えさせられた。

  • テンポは早く読みやすく、落ちもちゃんとあったので一安心。だが、最後は駆け足過ぎて辻褄があっているのか有耶無耶なままになってしまった気がする。歴史が変わっているのに、「つまめる」時間は今の過去ってのはおかしくないか。(確定していないからいいのか?)
    何より過去に遡り、干渉できる機械を持っているのに、それにしては旧式なやり方だなぁと。

  • 大義のために二二六事件を起こしたのに自決も許されず逆賊として処刑された安藤が、生き返らされその残りの四日間を繰り返される身になれ、という栗原の主張に胸を打たれた。当時のそのような戦争裁判で一体どれだけの人がその不条理を味わいながら殺されたのだろう。
    fragment 6 の時代を遡れた王様が時代を遡りすぎ大混乱に陥り、それを嘆いた王は魔法が発見される前まで遡り、発見者を殺し、その瞬間、王国は滅びて、王も殺された、という寓話が印象的だった。
    やっぱり歴史を変えるなんて、しないでいいんだ‥‥と思わせておいて、ラスト、奇跡的な出会いで生まれる新たな可能性を示す。「そこに正解はない」。

  • う~ん、分かりにくい小説だった。
    タイムトラベル物であり、扱ってる背景が二・二六事件となると、かなり面白そうだと思ったんだけど、少々、期待はずれだった。

    二・二六事件は、皇道派と統制派の対立(反目)を軸に、様々な人が様々な思惑で動いた事件だと思うが、そのあたりの事が描かれてないのが不満。安藤、栗原の両青年将校と石原莞爾、そして未来からきた「国連」の職員たちを描いてるわけだけど、もう少し他の人たちの動きなり思考なんかを描いても良かったような気がする。
    なかなか物語に入り込めなかった。

    子供時代の鉄棒なんかは上手い使い方だと思うけど、現実の歴史を知っているだけに、「この後、どうやってストーリーをまとめるのかな?」と言う興味だけで読み進めた。胸に迫るような感動とか余韻もなかった。

    ☆3個

    恩田陸は「夜のピクニック」や「ネバーランド」なんかの学園モノの方が自分に合うな、と再認識。

    この手の小説だと宮部みゆきの「蒲生邸事件」の方が奥行きがあって楽しめた。

  • 歴史をちゃんと知っていたら、もっと楽しめたのだろう。

    それでも、とても楽しめた。

  • なんだか多層構造すぎて、さらっと読みたいお年頃の自分には
    整理しきれないまま読み終わっちゃった。
    オチもよくわかんなかったけど、読み直して理解しよう!
    というほどの情熱は湧かなかった。

  • 読んでる途中で、なんで宮部みゆきの気分になってるんだろう・・・と思ったら、「蒲生邸事件」と似てるのか。そうか。題材だけじゃなく、イメージなどもなんとなく。

    時間をいったりきたり、どのfragmentがどの人物のどの時間なのか、さーっと読んでるとなにがなんだかごっちゃになってしまいます。。


    マツモトの子孫と思しき若者と、アルベルトが出会うことで、また時間遡行技術が開発され・・どうどうめぐり?
    というオチなのだろうか。

  • 下巻では、マツモトが大活躍。
    時間軸もクルクル回る。

    より一層SFっぽさを増し、
    226事件は少し置いてきぼり。

    ラスト付近は多少消化不良。

  • なんとなく予想がついたところと、
    意表をつかれたところと。

    ちょうど、二二六事件を題材した別の話を読んだところで、
    こっちのほうが歴史には詳しかったのがおもしろかったです。

    ラストで尻すぼみもしくは肩すかしが多い恩田作品でも、
    このラストはよかった気がします。

    どうでもいいですが、上下巻に分ける必要のない厚さではないかと思うのは自分だけでしょうか…

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

ねじの回転 下 FEBRUARY MOMENT (集英社文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

ツイートする