ねじの回転 下 FEBRUARY MOMENT (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.54
  • (150)
  • (200)
  • (435)
  • (42)
  • (3)
本棚登録 : 1949
レビュー : 156
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった~。
    最後の最後に「歴史は自己を修復する」の意味が!

    タイムスリップものを考え出すと絶対パラドックスに陥る気がする。
    バタフライエフェクト効果で言ったら、初期設定の小さな違いが誤差を大きくする。
    でも、ねじの回転の中でのシンデレラの靴はは大局からの視点で見て、小さな変化は誤差として捉えられてる。
    まぁ、ねじの回転の場合、歴史の確定作業やからバタフライエフェクトとは違うねんけどなー。
    ん?でも目的はある地点での変化やったような。
    時間経過の単位が違うからどっちがどうって訳でもないし、同じ視点で考える必要もないねんけど、ない頭をぐるぐるさせてしまいました。

  • 個人的に時間を巡る物語が大好き。
    本作はアプローチも良い

  • 第二次世界大戦の頃の話なので、軍隊とか軍人が沢山出てきて難しいと言うのが読み始めの印象。
    やけどすぐにストーリーに入り込めて、普通の小説として面白かった!
    3回読み直しました!

  • わたしは好きですよ
    恩田氏の著作の中でも大好きな作品です。
    人類のあまりの傲慢さ・・歴史に介入せんとする姿勢
    まあ人間的には「黒歴史」は潰したいというの理解できますが。
    実際に当の「2.26事件」を生き抜いた人々に対する
    冒涜以外の何者でもないでしょう。
    頼むから「死なせてくれ」そういうの辛いですよね。

  • 恩田作品はその作品世界に入り込むと一気に引き込まれてしまう。今回もぐいぐいと引き込まれ、先が気になって一気に読んでしまいました。終盤にかけての伏線回収はとても気持ちよかったです。二・二六事件という実際に起こった事件を題材にしていますが、歴史ものやSFが苦手という方も楽しめるのではないでしょうか。あらすじを見て著者の「ロミオとロミオは永遠に」と似た空気を感じて手に取ったのですが大正解。大満足の作品でした。(図書館)

  • 間違いなくSFなのだけれど、よくよく考えると、これって一種の歴史観を示してもいるのかもしれない。
    私がそれを感じるのは、「登場人物たちは『正史』通りに確定しようとしている」という部分。
    つまり、「正史」って、「勝者の記した『正しい史実』」だから。
    恩田先生がどこまで「正史」に意味を込めたかは分からないのだけれど、この話のオチ(あまりに衝撃的な展開)を思い出すに、「歴史」ではなく「正史」としたのは、やっぱりそういう考え方が根っこにあってのものな気がする。

  • こんな結末だったっけ(°_°)fragmentがこんな形で伏線になっていたとは。

    結末をわかった上で“歴史を再生”するのはどれほどもどかしく苦しいものなんだろう。歴史が変われば違った未来があったかもしれないと、安藤も栗原も石原も感じていたんじゃないかなぁ。特に安藤に感情移入してしまった。

  • 予想を裏切る展開の連続に、どんどん引き込まれていった。時間って、歴史って、なんなんだろう。

  • 伏線と伏線のさらにまた伏線があり、その中を全速力で駆け抜ける展開に次ぐ展開。視点がめまぐるしく切り替わる中で新たな事実が見えたと思えばそれに付随する新たな疑惑が現れて。緊張と興奮しっぱなしのまま一気読み。おもしろかった!

  • 下巻は、あっという間で、もうすぐ読み終わると思うと勿体無い気持ちになる作品でした。でも、読み終わってみると全てがスッキリして清々しい気分。

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

ねじの回転 下 FEBRUARY MOMENT (集英社文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

ツイートする