年下の女友だち (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
2.93
  • (7)
  • (22)
  • (119)
  • (29)
  • (10)
本棚登録 : 423
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087478990

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • “こういう人もいるんだろうな”っていう完全な第三者目線で読み終えました。共感はまったくなかったですが、面白かった。エミ子さんみたいな存在って、女性なら誰しも必要としてるのかもと思いました。

  • めっちゃ金持ち出てくる
    いつも思うけど一目で上等だとわかる服がわからない

  • 読了

  • なんだろう、この本は、読み手を選ぶ部類に入るのだろうか。
    特に、ここに登場する人物と、社会的な立場、金銭的な価値観が全く違うし、多少のマイナスイメージを受けはするが、感情移入はゼロ。
    各話がごく短くまとまっているのでなとか読めたが、何が言いたいのか受け止めることができなかった。
    正直、ネガティブな印象しか受けなかった。

  • はじめてこの人の本をよんだ。

  • これはある程度本当に出会った人を元に書いてるんだと思います
    しかしこの人に女の醜さを描かせたら右に出るものはいませんね

    この本によれば、女はお金と美しさの両方を得ると
    どうしてもどこか歪んでしまう生き物らしい

    短編集だったけど、結局中身はそれだけで
    シチュエーションこそ違えど、私にはみんな同じに見えました

  • さくさく読めておもしろいなーなんて思ってたら…第四話の葉子と真弓でやっぱこの人女書くの上手いわーって感心しました。

  • 片田舎に住む、ごく平凡な収入の人間なので、こんな人もいるんだなぁ金持ちって都会の人って面白いなあと思った。
    皆好き勝手に生きて、それから(私から見たら)愚かだなあと思うような結末を迎えているんだけど、特にざまーみろ、それ見た事かみたいな黒い感情が沸く事もなく、
    ほう、そうかーってさらっと読めて面白かった。

  • 【本の内容】
    有名イラストレーターの「私」のもとには、それぞれの秘密を抱えて今日も女たちが訪ねてくる…。

    容姿も性格も悪くないのに縁遠い、七美。

    美しい男しか愛せない、地方の大富豪の娘、かおり。

    三十過ぎても不倫から足を洗えない、こずえ。

    「私」のかつての夫とつきあっている葉子。

    幸せになりたい-。

    このシンプルな欲望に、“運命”という言葉を巧みに操ってつき進む女たちを描く、連作短編集。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    イラストレーターの「私」が、年下の女たちの人生を、やや意地悪な視線で観察する連作短編集。

    若くても美しくてもお金持ちでも、幸せになるのは大変みたい……。

    年下の女友だちから恋愛相談を受けたら、余裕のあるお姉さまを目指して、やさしくアドバイスしてあげようね!

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ちょっと回りにはいない女友達が
    描かれています
    林真理子さんの小説は怖いなあ
    ほんとにこんな人たちいるのかな

全67件中 1 - 10件を表示

年下の女友だち (集英社文庫)のその他の作品

年下の女友だち 単行本 年下の女友だち 林真理子

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

年下の女友だち (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする