洲崎パラダイス (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.88
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087482133

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 凄く久しぶりに本読んだ。東京に洲崎と言う遊郭があったと知って興味持って読んでみた。赤線地帯に暮らす女性達の哀切さと力強さがとても良かった。この人の小説もっと読んでみたい。

  • 公娼通いという普遍の衝撃

    昭和30年代赤線廃止前夜、「洲崎パラダイス」と呼ばれた東京深川の遊郭街を舞台に、哀しくもたくましく生きる女たちを描く。表題作「洲崎パラダイス」「黒い炎」「洲崎界隈」「歓楽の町」「蝶になるまで」「洲崎の女」の7編を収録。

     生活力の無い男とのくされ縁を絶ちきれない娼婦上がりの女、家族間のトラブルから婚家に放火し服役していた女の行方知れずになった夫へ向けた執念、遊郭街の一杯呑み屋に勤めた16歳の少女の来るべき運命を予感させる意地、客を取れなくなった上最後の頼みとしていた一人息子に背かれた中年娼婦の孤独と悲哀…戦後復興と高度成長の狭間にぽっかり落ち込んだような洲崎パラダイスに、もがき生きる女たち。

     当時でいうところの場末の女たちであるにもかかわらず、「洲崎パラダイス」に縁付いた彼女たちは幾ばくかの哀しみをまといながらも「何が何でも生きてやる」というバイタリティーに満ちている。この哀しみとバイタリティーという一見正反対のベクトルを持つと思わせるものを掛け合わせたところに、娼婦も堅気も取り混ぜた洲崎に生きる女の造型が見られる。

     各話の間には脈絡は無いが、いずれの話にも遊郭街への入口にあたる洲崎橋のたもとにある小さな一杯呑み屋「千草」とそのおかみが出てくる。おかみは、店で一杯あおってから「なか」へ繰り出す男たちを「いってらっしゃい」と送り出し、「なか」で働く女たちの話を聴いてやる。「千草」は世間と夜の街の結界にあって同時にその「なか」と「そと」とを結ぶ役割を果たしているのだ。

     この千草を立ち位置として見る昭和30年代前半の東京は、男性の公娼通いを社会全体がまるで「銭湯にでも行く」かのような気軽さで受け止めている。確かに洲崎パラダイスの女たちはかつてのように親の借金のかたとして「身を落す」のではなく、その理由はともあれ自らの意思や都合で「なか」で働く。しかし先進国仲間入りの証としてアジア初の東京オリンピックを迎えようかという当時の流れの中で、風俗遊興についての男女含めた―ここが重要なのだが、社会的感覚が江戸以来の「吉原通い」とほとんど変わっていないということはちょっと驚きだった。

  • 傑作映画「洲崎パラダイス・赤信号」の原作。境界をめぐる連作短篇集。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1914年東京都生まれ。1941年に『青果の市』で第14回芥川龍之介賞を受賞する。
代表作に『湯葉』『隅田川』『丸の内八号館』の自伝三部作や、『洲崎パラダイス』『青磁砧』『隅田川暮色』『雪舞い』などがある。

「2021年 『芝木好子小説集 新しい日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芝木好子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×