砕かれた鍵 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.48
  • (11)
  • (45)
  • (66)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 300
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087483123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いいです〜警察ものです。

  • 百舌の叫ぶ夜⇒幻の翼 の続き。あまりの不幸のオンパレードな展開に驚いた。この先の続きはどうするのだろう。しかし倉木は残念だ

  • これぞエンターテイメント。
    魅力的なキャラクター、えげつない展開。
    バッチリ楽しめます。

  • シリーズだけどもう百舌はでてこないんだね?
    妻子居るし大杉と美希がこの先どうにかなることは
    ないんだろうな。

  • まあまあ

  • くらきーーーーーーーっ!くらきーーーーっ!
    ちゃおーー!!
    (東で)

    真木ようこのせいじゃん!全部!(美希だけど)

  • 百舌シリーズ。おもしろいなー。警察シリーズでは誉田さんが好きだったけど逢坂さんも好きになった。テレビドラマでは本作はやらないんですね・・・。
    まさかペガサスがヤツだったとは・・・。

  • シリーズ4作目。今度はペガサス。
    ちょっと結末に驚いた。

    わたしの中では、西嶋君と真木さんにしか思えなくなってるのが恐ろしい・・・

    また、蘇るの?

  • やけにあっさり登場人物を次々と殺す。倉木まで殺すとは…。
    警察の腐敗、公安、同じテーマでひっぱり続け、今度は美希と大杉の意味深な雰囲気で次作につなげているけど、正直もういいかな。と言いつつ結局次作の『よみがえる百舌』も読むかも。

  • シリーズ最後の一冊がまだ残ってるのに、まさか
    死んでしまうとは・・・

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

逢坂剛

一九四三年、東京生まれ。八〇年「暗殺者グラナダに死す」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。八六年に刊行した『カディスの赤い星』で直木賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。二〇一三年に日本ミステリー文学大賞、一五年には『平蔵狩り』で吉川英治文学賞を受賞。「百舌」シリーズや「長谷川平蔵」シリーズなど著作多数。

「2019年 『果てしなき追跡(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

砕かれた鍵 (百舌シリーズ) (集英社文庫)のその他の作品

逢坂剛の作品

砕かれた鍵 (百舌シリーズ) (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする