愛をひっかけるための釘 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.40
  • (19)
  • (39)
  • (113)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 511
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087483574

作品紹介・あらすじ

早く大人になりたい。空を飛ぶ夢ばかり見ていた少年時代、よこしまな初恋、金縛りから始まる恐怖体験、酒の正体…など、喜びと哀しみと羞じらいに満ちた遠い日の記憶を語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ああ、らもさんだ。
    2ページから長いものでも数ページ。
    場末路地裏コップ酒から、業界話、花鳥風月、科学に芸術。
    そのどこにもらもさんがいて、「へえ~」とか「ええー!そうなん?」とか「まあねえ…」とか、そんなボタンがあったら押したくなる話ばかり。
    話好きな人たちならこのどれか一編を肴に「自分なら」とまた盛り上がるんじゃないだろうか。
    らもさんの面白さ、忘れてた。
    ほかのらもさんも探そう!

    シャバシャバの液でしばらくするとヘナヘナにしぼんでしまうたこ焼き。
    今もどこかで売ってそう。

  • 「サヨナラにサヨナラ」より 人間の実相は刻々と変わっていく。無限分の一秒後には、無限分の一だけ愛情が冷めているかもしれない。だから肝心なのは、想う相手をいつでも腕の中に抱きしめていることだ。ぴたりと寄りそって、完全に同じ瞬間を一緒に生きていくことだ。二本の腕はそのためにあるのであって、決して遠くからサヨナラの手をふるためにあるのではない。 中島らもさんワールドにぐんぐん引き込まれて行く。この人の頭の中は面白いなぁ

  • 予想していたよりずっと健全でサクサク読めました。

  • 中島らもといえば、アル中&ヤク中(といっても風邪薬のブロン液)で、冴えない晩年とのイメージ強ですが、味のある文章を書かれるお方。本著は茶道誌に連載されていたエッセイで、内容的にはとりとめもない話が多いですが、タイトルからして味がありますね。タイトル買いです。

  • サヨナラにサヨナラとても感動しました。
    私の腕もサヨナラするより
    誰かを抱きしめるためにありたいです。
    短編エッセイ集
    らもさんの視点はほんとに
    独特で目から鱗なんて
    ことが多々あります。
    そこ世界観はほんとに病みつきになる。

  • CFが自己完結してしまっていると、一度見たときは面白くても2回、3回と見ることができない。だからコントとして成立しているものはCFとしては失格なのである(P20)は、目から鱗。
    20年から30年のサイクルで何故不良どもが現れるのか。それは、連中が自分たちがかつて叩き壊した権威そのものになり、力と金がそこに集中するにしたがって豚にような悪臭を漂わせ始め、自分たちが養い育てた息子たちの世代によって引導を渡されるからである(P35)は示唆に富んだ指摘だと思う。

  • 久々にこの人の書いた本を読みました。
    当たり前の事だけれど、やはり独特です。アルコール中毒になったり、合法ドラッグに手を出したりする破天荒な人だけあって、物を見る角度が独特です。

    いやー、色んな人がいて色んな物の見方があります。

  • 読み損ねていたものを古本で購入。

    文章が綺麗で、時に、いや常にロマンチストである、ホワイトらもの良書。
    不思議なことに内容のほとんどを知っていた。
    エッセイの内容が他の作品とかぶっているのか?

  • 中島らものエッセイ.
    なんだか綺麗すぎて中島らもっぽくないと思った.
    あんまり好きじゃない.

  • ぴたりと寄りそって、完全に同じ瞬間を一緒に生きていくこと。二本の腕はそのため。サヨナラにサヨナラ、いい。雑賀氏だんけ。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年兵庫県生まれ。大阪芸術大学放送学科卒。92年『今夜、すべてのバーで』で第13回吉川英治文学新人賞、94年『ガダラの豚』で第47回日本推理作家協会賞を受賞。
主な著書に、『明るい悩み相談室』シリーズ、『人体模型の夜』『白いメリーさん』など。2006年7月に短編集『君はフィクション』を刊行。2004年7月逝去。

「2014年 『ロカ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛をひっかけるための釘 (集英社文庫)のその他の作品

中島らもの作品

愛をひっかけるための釘 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする