看護婦物語 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.58
  • (3)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087483925

作品紹介・あらすじ

S大学病院看護婦舞川苑子は、看護学校を卒業して3年。脳神経外科の織田医師に恋したが、彼は苑子を捨て、同僚の看護婦と結婚した。失恋の痛手は大きく、病院をやめると、故郷の産婦人科病院に勤めた。「特異体質」の従妹の出産に関わるが、母子を死に追いやってしまう。愛する人を失い看護婦としての自信を失ってしまった苑子。-看護とは何か、人間とは何かを追求したドキュンタリー小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いろいろな場での看護についての話である。看護師同士の絡みがもっとあると深みも増しただろう。

  • 看護は偉大だ

  • 最近、女としての自分の生き方・仕事 について考える。
    看護師という仕事に惹かれ、古本屋で買った。
    今の私の悩みや、仕事観のど真ん中を突かれた感じだった。
    この話に出てくる人々のように、信念を持って、やりがいを持って、悩みながらも楽しみ、人間味の溢れる仕事がしたいと心から思った。
    これからの自分の道へ希望が持てた気がします。頑張ろうと思った。

全3件中 1 - 3件を表示

江川晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×