天使の卵 エンジェルス・エッグ (集英社文庫)

著者 :
制作 : 村上 龍 
  • 集英社
3.38
  • (594)
  • (870)
  • (2292)
  • (312)
  • (90)
本棚登録 : 7796
レビュー : 1057
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087484922

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 誰も幸せになれない結末が悲しかった。

  • 最初、電車での運命的出会いのところでは、なんか私もひきこまれたなぁ。それから、どんどん引き込まれて、どんどん読み進んだけど、最後が話がコンパクトにというか、あっという間に終わってしましまった。流産、医師のミス、死亡。あっという間でなんか、物足りなさを感じた。もっと、何か・・・・言い表せないけど、ほしかったなぁ。あと、個人的に両親が歩太を責めたのは、不服。

  • そのひとの横顔はあまりにも清冽で、凛としたたたずまいに満ちていた。19歳の予備校生の僕は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。高校時代のガールフレンド夏姫に後ろめたい気持ちはあったが、僕の心はもう誰にも止められない。

  • あまりにあっけないエンディングにビックリした。ちょっと強引すぎて、無理やり終わらせた感じ。19歳の「僕」目線だからだろうか、恋愛設定は薄っぺらく、感情移入できない。個々の表現では優れた部分が多い。

  • そのひとの横顔はあまりにも清冽で、凜としたたたずまいに満ちていた。19歳の予備校生の“僕”は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。高校時代のガールフレンド夏姫に後ろめたい気持ちはあったが、“僕”の心はもう誰にも止められない。第6回「小説すばる」新人賞受賞作品。みずみずしい感性で描かれた純愛小説として選考委員も絶賛したデビュー作。

  • 読んでいて、ドキドキしました。
    読みおわって、心がひやっとしました。
    こんなにいろんな気持ちがごちゃまぜになって、でもまっすぐな恋愛だと思いました。

  • 毒にも薬にもならないかんじ。

  • 12年ぶりに再読しましたが、内容を覚えていませんでした。が、好きな人と今付き合っている人との関係がわかった部分だけ記憶がありました。
     凡庸と言われますが、みずみずしさを感じます。
     

  • よく書かれているように少女まんがのような小説(私は少女まんがというものをほとんど読んだことがないので雰囲気だけだが)だと思う。
    物語はたんたんと進むが描写の美しさからまるで絵画を見ているような印象を受ける。小説全体に光が降り注いでいる。その美しさは認めるが、終盤の展開は受け入れられない。あまりに唐突で、はっきり言って”くさい”。
    本作が純愛小説の傑作だというのなら、私は純愛小説を読みことに向いていないのかもしれない。

  • 実写版を見て読みたくなったが、これが村山由佳さんを好きになった大好きなお話です。

全1057件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。
1991年 『いのちのうた』でデビュー。1991年『もう一度デジャ・ヴ』で第1回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞佳作、1993年『春妃〜デッサン』(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』に改題)で第6回小説すばる新人賞、2003年『星々の舟』で第129回直木三十五賞、2009年『ダブル・ファンタジー』で第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞、第22回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。ほか、代表作として『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズがある。

天使の卵 エンジェルス・エッグ (集英社文庫)のその他の作品

村山由佳の作品

ツイートする