分身 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.46
  • (538)
  • (1505)
  • (2421)
  • (271)
  • (57)
本棚登録 : 12609
レビュー : 1027
  • Amazon.co.jp ・本 (472ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087485196

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 北海道と東京という違う場所で違う時期に生まれたふたりの女性の外見が瓜二つ。その出生の秘密に迫る医療ミステリー。
    長編だけど途中で読むのが止められなくなる感じでした。怖かった。ホラーのような怖さではなく、医療が人が踏み入れてはいけない分野に足を踏み入れてしまったことによる怖さ。人のエゴから生み出された苦悩や悲しみ。実際にはないことなのだろうが、近い将来、技術的には可能なことなのかもしれないと思うとゾクッとした。不妊治療はあるべき医療だと思うけど、その先は倫理的なストップをかけないとこんな事態がいつか起こっても決して不思議ではないのかも。
    小説としては最後まで描かれていなかったことが少々不満。それでこの先ふたりはどうするのか?どう生きていくのか?そこまでちゃんと描いてほしかった。

  • 氏家鞠子と小林双葉。
    それぞれ北海道・東京に住まう、あまりにもそっくりすぎる女子大生。
    その彼女たちが、自らの出生にまつわる真実を追求していく医学ミステリー・サスペンス。

    物語は、鞠子の「私」と双葉の「あたし」との、それぞれの視点からなる「章」が交互に描かれる構成。
    遠く離れた2つの点が、徐々に一方の点につながりを求め、次第次第にそのつながりが強くなっていく。
    まるで、対極点から始めたジグソーパズルのようです。
    一方の対極点に向かって徐々にハマっていき、最後のピースが埋まるまでの姿を身を乗り出して見守る感覚。
    読み進めるうちに、否が応でも気持ちが高まっていきます。

    章ごとに視点がガラッと変わってしまうので、章の冒頭に、それまでの流れを総括している部分をいくつか用意いただいたのは、作者のご配慮を感じた部分でもあります。

    そして、随所にみられる、「命」や「人間の存在」に関する記載。
    ここでは具体的に触れることはいたしませんが、(本作執筆当時の?)最先端医学に絡む倫理的な問題や、そもそも人間の存在とは?といった点に触れられている部分。
    考えさせられ、大変奥深いと感じました。

    私ごとながら、今年読了100冊目となるこの一冊。
    その節目となる一冊が本作でよかった。
    そう思わせてくれる、良作です。

  • 自らがクローンとは知らずに誕生し、それぞれ別の家庭で育った双子。

    その片割れがテレビ出演したことをきっかけに2人の周囲でおかしな事件が続き…

    なんだか悲しいお話でした。。クローンとして誕生しても彼女らには彼女らの人権や幸せがあるのに…

    鞠子と双葉のお母さんがかわいそう。

  • クローンの話
    そうとは知らず、別々に育った2人が、自分の出生に疑問を持ち、調査を始める話。
    政治とか絡んできたりしてたんだけど、なんとなく中途半端で終わっちゃう。
    結局父さんが全部壊してしまったんだろうか。

  • 途中冗長で少し飽きるところもあるけど、東野圭吾らしい、専門性のある奥深い作品。
    主人公の二人の気持ちの交錯が面白かった。

  • 久々の東野圭吾作品。
    うーーん、まぁテンポ良くちゃちゃっと読めましたが、まぁ…総体的には普通?
    クローンとかなんか実際にももちろんありそうな話だけども、なんだか非現実な感じがなんともしっくりこなかったーーーー
    クローン。いや、意外とリアルにありそうな話なのかな?

  • 遠く離れているけど顔のそっくりな2人の女の子、それぞれの視点で進んでいくお話が2人の心情が同時進行でわかって面白かった☆ラストシーンがすごく好きです。

  • クローン技術を題材にした作品。

    まりことふたばが、自分がクローンなのでは?と気づき始め、その技術の成功例として、科学者たちに追われる。

    コピー元の晶子さんの、二人に対する嫌悪感はわかる気がする。

    自分自身を見る、目の当たりにさせられるのは不快だもの(*´・ε・*)

    ラストはまりこ父がカタをつける。

    自分自身、晶子さんが好きで、コピーが欲しくて妻に黙って産ませたなんて、鬼の所業すぎる。

    責任とって最後は、施設などを燃やすけど、それが冒頭のまりこの家の火災とがだぶりました。

    ふたりは最後に出会うけど、協力して強く幸せに生きていて欲しいです。

  • 筋は本のタイトルにあるとおりで、主人公の女性2人がクローンとして生まれた話。クローンであることは本の初っ端にわかるので、物語の進みがかなりじれったい。だんだんとわかってくるクローンの生まれた経緯は、ひねりなく面白くない。
    最後の最後に、クローンとして生まれた2人の気持ちが出てくるけど、それも詰め込まれた感。作者の言いたいことがそのまま陳腐な言葉になってしまってる感じで、軽い。自分の存在意義的なテーマだけど、これと言った特徴もない。


    ただ最後に2人が出会うシチュエーションは面白い。

  • 紹介文に、現代医学をテーマにしたサスペンス・そっくりな人間がいる…となれば、おおまかな内容は想像できると思います。
    特に奇をてらったストーリーではなく、展開を予想できるだけに「結末でどのように楽しませてくれるのか?」がポイントになるような作品だと思います。しかし、本作の結末について「随分と雑な作りで、何の余韻も残らない」と感じました。
    共感できる登場人物がおらず、お互いの関係性も希薄に描かれているので、結末以降の展開を想像させる要素が少な過ぎます。

全1027件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

分身 (集英社文庫)のその他の作品

分身 単行本 分身 東野圭吾

東野圭吾の作品

ツイートする