アド・バード (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.61
  • (78)
  • (68)
  • (167)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 728
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087485929

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつの間にか盛り上がってきてて
    うわあって思ったけど
    どこがピークなのかわからないまま気がついたら終わってた。
    残りのページ数の少なさに気付いた時の気持ちは絶望に似ている。
    虫のことを詳細に想像してしまうような描写ではなくてよかった。

  • 3回くらい読んだかな
    とても面白いのでおすすめです@@

  • 椎名誠独特の世界観と造語や言い回しが随所にあるSF作品。結構好きな世界観だ。あまりSF小説を書かないが、また書いてほしいなぁ

  • ずっと昔に読んだけど、独得のイメージが画像のように、今でも思い出せる。地走り イイな。

  • 「ワンの絨毯」を読んで、絨毯的生き物が出てきたよなあ、と読み返し。
    着想と細部は素晴らしい!闘う樹とかホテルの朝とか今読んでも凄い!
    が、なんかストーリーが入ってこない、というか細部に圧倒されてストーリーが吹っ飛ぶ。

  • シーナにしか書けない言葉のリズムと世界観。

  • 未来の廃墟都市を舞台に冒険する兄弟と、奇妙なアンドロイドや生き物が出てきて、ドタバタする話。これは面白いわー。敵とか戦いとか何かを救うとか、大きなワクワクはないんだけど、ただ、冒険する話。でも楽しいことばかりじゃないし、危ない生物もいたり、悲惨な運命を迎えることになる人もいるし。でも楽しめる絶妙な軽さとか、好き。

  • シイナワールド全開。独特の世界観とSFへのオマージュが素敵。

  • アド・バード / 初出 すばる 1987年7月号~1989年12月号 (第11回日本SF大賞)
    あとがき
    解説 (目黒考二)

    『アド・バード』 1990.3 集英社刊 文庫化

    カバー たむらしげる
    アートディレクター 平野甲賀
    挿画 たむらしげる
    フォーマットデザイン アリヤマデザインストア
    マークデザイン 居山浩二
    印刷 大日本印刷

  • 中学生の時に何の気なしに読んで、なんてかっこいい世界なんだと影響を受けた作品。
    今こそ読み返すべきなのかもです。

全81件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

椎名誠(しいな まこと)
1944年、東京生まれの作家。「本の雑誌」初代編集長で、写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
映画監督としては、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞、フランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞をそれぞれ受賞している。

アド・バード (集英社文庫)のその他の作品

アド・バード 単行本 アド・バード 椎名誠

椎名誠の作品

ツイートする