アド・バード (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.61
  • (78)
  • (68)
  • (167)
  • (15)
  • (4)
本棚登録 : 728
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087485929

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何回読んだかわからない、名作。
    違う世界に行ける、純粋なエンターテインメント
    表紙のイラストがすごくぴったりです

  •  荒廃した近未来で二人の兄弟が父親を探しに旅に出る話。
     SFなんだけれど、もの凄い郷愁をさそう不思議な世界観がたまらなく好き。想像力をかきたてられるネーミングセンスもとてもよい。そして得体の知れない食べ物がおいしそう。自分馬鹿なんじゃないかと思う程、何度読んでも飽きない。たむらしげるさんの絵もイメージにぴったりですばらしい。
     旅先で読み終わる事のない分厚さに安心感があるのでよく旅行に持って行きます。でも重い。

  • ひさーしぶりに再読!
    やっぱり面白い!

  • 3回くらい読んだかな
    とても面白いのでおすすめです@@

  • 椎名誠独特の世界観と造語や言い回しが随所にあるSF作品。結構好きな世界観だ。あまりSF小説を書かないが、また書いてほしいなぁ

  • ずっと昔に読んだけど、独得のイメージが画像のように、今でも思い出せる。地走り イイな。

  • シーナにしか書けない言葉のリズムと世界観。

  • 決して楽観的な物語ではないのに、読後感はどこまでも清々しい。日本長編SFにおける、名作中の名作。

  • すごく面白い♪ 見たことも聞いた事もないモンスター?がたくさん出てきて想像力をかき立てられる!分厚いけど面白くてすぐに読み終わっちゃう。夏になると読みたくなる1冊。

  • 椎名氏の独特の語感が他のSF作家作品とは異なる雰囲気を醸し出し、かなり独特な世界が繰り広げられる和製SF作。

    のめりこむように一気に読んだ分厚い一冊。
    大自然が似合う豪快な男の脳から時々本著のような異次元の作品が飛び出す不思議。
    そんな才能を持ってしまったから自然児が欝になったりするのではなかろうか。

    良い、すごい、素晴らしい作品です。

著者プロフィール

椎名誠(しいな まこと)
1944年、東京生まれの作家。「本の雑誌」初代編集長で、写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
映画監督としては、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞、フランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞をそれぞれ受賞している。

アド・バード (集英社文庫)のその他の作品

アド・バード 単行本 アド・バード 椎名誠

椎名誠の作品

ツイートする