春のソナタ (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.32
  • (12)
  • (22)
  • (66)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 271
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087486308

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大学時代の選書ツアーで選んだ。
    個人的には、同作者のいちご同盟が好きで
    この本も読んで見たのだが、この本はドロドロしており、
    悲しいラストだった。早苗さんの存在がすごい。

  • 2019/8/10
    いちご同盟とか永遠の放課後の内容をあまり深く思い出せないので、今度もう一度読んでみようかなと思いますが、春のソナタはサブタイトルに純愛編とあるけど、結構主人公の直樹は重い一面に直面しているような気がします。
    もしかしたら色々と葛藤して自分について考えることが青春であり、純愛なのかもしれません。
    主人公は小さい頃からバイオリンをやっていて結構うまいっぽいのですが、音楽の知識はさっぱりわからなくても、心情の表現を演奏の仕方とかそういうのに重ねて書かれているので音楽を通しての気持ちのやりとりがこんな感じなのかなーと読んでて新鮮でした。
    主人公と親しくなる、あるいは親しくなりそうな雰囲気のある女性が何人か出てきますが、主人公がクールです。ちょっと羨ましいぞ、素直になれよと思いました。

  • 再読は10年ぶりくらいか?
    いちご同盟の作者。いちごとは、苺ではなく15を表す。本書、春のソナタの主人公は17歳の高校生。
    冷めたteenagerって漫画や小説によく登場するけれど、現実にいるのでしょうか。私は、冷めた風にかっこつけて過ごしてみたいと思った結果全然うまくいかなかった、子供らしいteenagerでした。私は、お喋りだからな。せめて、口数少ないタイプであれば、冷めを装うこともできたろうに。

  • 裏表紙にあった「青春小説」の文字に期待して手に取ったけど、フタを開けてみたらいろいろと達観した17歳の高校生がいずれ自分も踏み込まなければならない大人の世界をかいま見るという、なかなかに壮絶なんだけどもどこかスッキリという、不思議な作品だった。
    文章は淡々としているようで情景や心の機微が濃厚に伝わってくるという不思議な感じ。作者名を見て、いちご同盟の人かーと思ったんだけど、あれを読んだのはだいぶ前の話なので、機会があったらどっかで読み直したいな……。

  • 26.5.12

  • 中学生の時に読んで嵌った本。
    理屈抜きに夢中になって読めた本でした。

  •  三田誠広も四冊目。作風にもだいぶ慣れてきた。

     だから、冒頭のシーンを読んで思ったのは「幼なじみの麻衣ちゃんとイチャイチャする話なんだろーな」だったんだけど、違った。熟女ものだった。ちょっと角度を変えてきた。

     「いちご同盟」や「永遠の放課後」と比べると、構成などはこちらの方が凝っている。登場人物も多く、それぞれの抱える状況も様々。展開も先が読めず、なかなか読ませる内容だった。

  • いちご同盟に続き読んでみた。
    あたしはこの春のソナタの方が好きかな。
    音楽をやる上での葛藤、喜び。色々複雑。
    純愛って呼べるのかなぁ・・・と疑問が残った。
    クラシックのCDを聞きながら読みたい一冊。
    なんともいえないもどかしさが伝わってきた。

  • 10/09/08読了 引き込まれるような感じ。それでも死なせるのは想像できただけに何とも。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年大阪生まれ。早稲田大学卒業。1977年『僕って何』を「文藝」に発表し、芥川賞受賞。以後、小説、評論、エッセイと幅広く活躍している。著書に、『いちご同盟』『空海』『西行 月に恋する』他多数。

「2017年 『白村江の戦い 天智天皇の野望』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三田誠広の作品

春のソナタ (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×