赤穂浪士(上) (赤穂浪士) (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087488661

作品紹介・あらすじ

時は元禄14年。江戸城松の廊下において赤穂藩主・浅野内匠頭は、この間の無体な仕打ちに耐えかねて、高家・吉良上野介に斬りかかった。内匠頭は即日切腹、一方上野介には一切お咎めなしとの公儀裁定が下る。赤穂城内では国家老・大石内蔵助を中心に、強硬派と穏健派に分かれ大評定が繰り広げられる。他方、上野介と縁戚関係にある上杉家は累が及ぶのを畏れ、内蔵助に間者を差し向けた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一昔前に忠臣蔵に興味を持ち購入。その時まで恥ずかしながら赤穂浪士の討ち入りについて何も知らなかった。


    説明
    内容紹介
    時は元禄14年。江戸城松の廊下において赤穂藩主・浅野内匠頭は、この間の無体な仕打ちに耐えかねて、高家・吉良上野介に斬りかかった。内匠頭は即日切腹、一方上野介には一切お咎めなしとの公儀裁定が下る。赤穂城内では国家老・大石内蔵助を中心に、強硬派と穏健派に分かれ大評定が繰り広げられる。他方、上野介と縁戚関係にある上杉家は累が及ぶのを畏れ、内蔵助に間者を差し向けた。

    内容(「BOOK」データベースより)
    江戸城松の廊下で起きた刃傷事件―内匠頭は切腹、上野介はお咎めなしという将軍綱吉の裁定は、元禄太平の世を騒然とさせた。浪人堀田隼人は、上杉藩家老千坂兵部の密命を受け、怪盗蜘蛛の陣十郎と組んで、籠城か開城かでゆれる赤穂の動静を探りにゆくが、そこには大石内蔵助はじめ、敵味方入り乱れたさまざまな思惑がうごめていた…。

  • <上>1999.5.6〜12 読了
    <下>1999.5.12〜22 読了

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1897-1973。横浜生まれ。東大法学部卒業。教師、外務省嘱託のかたわら小説を発表し、「鞍馬天狗」のシリーズが好評をはくし、作家専業に。代表作に「赤穂浪士」「乞食大将 後藤又兵衛」「帰郷」「パリ燃ゆ」「天皇の世紀」等多数。芸術院賞、朝日文化賞、文化勲章を受章。実兄は星の学者として名高い野尻抱影。鎌倉の自宅は一般公開され、港の見える丘公園内には、大佛次郎記念館がある。また、74年、朝日新聞社主催で大佛次郎賞が創設された。

「2014年 『猫のいる日々 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大佛次郎の作品

赤穂浪士(上) (赤穂浪士) (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×