地球どこでも不思議旅 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.36
  • (10)
  • (15)
  • (56)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 220
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087490138

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地球どこでも不思議旅 (集英社文庫)

  • 日本や海外の旅行記をズバズバと正直かつ面白おかしく書いてあるのが魅力的

  • (2015/06/13)

    椎名さんの初期の紀行文。1985年に出された作品で、自分の生まれる前。国鉄、なんて懐かしさのない言葉も出てくるわけであります。この当時、椎名さんの見た風景は今とは大きく違っていると思うと哀愁を感じる。やはり、自分の旅行好きは椎名さんの影響だと、改めて感じた。

  • 読みやすくておもしろかった。対談がおもしろかった。

  • パタゴニアを読んで発作的にシーナ的昭和軽薄体に触れたくなり、半ば逆上気味に大量の積読本が眠る棚から本作を見つけ出し、がんばって一気に全部読んじゃうもんね的ココロガケでアット言う間に読了。

    具体名を出して各地のホテルをけちょんけちょんに批評する辺りはさすがの一言、時代を感じさせます。

    なんだか日本人のおもてなしって実はここ20年くらいの話なのでは、と思いました。
    こんなことを言ってる人っていますかね、調べてみよう。

  • 『週間ポスト』連載の旅行記。
    大昔に読んだことがあって、メキシコ旅行の内容はわりと鮮明に覚えていた。
    プロレス(ルチャ・リブレ)ネタだけに、印象に残っていたのだろう。
    当時メキシコへ修行に来ていたのが、ジョージ高野、小林邦昭、斎藤弘幸(ヒロ斉藤)、高杉正彦らの面々だったそうで懐かしい名前に思わずムフフと嬉しくなってしまう。
    しかし、他の京都、讃岐、中国、シルクロードなどのエピソードはまったく覚えていなかった。。
    ラストに沢野ひとしとの対談があったのも記憶になかった。。

  • シーナ節炸裂の一冊。コレが20年以上前のものとは思えませんね。エッセイとはそういうものなんでしょうね。

  • 2013/03/19

  • 1997年5月読了。

  • 椎名さんの語り口は面白い(特に酒の話が)。メキシコで人気のプロレスを観に行ったり,好きでもない京都に行ってあれこれリサーチしたり,うどんとソーメンのどちらが日本を代表する麺かを確認しに讃岐にいったり・・・椎名さんのように,好奇心と行動力を持ちたい。疲れたとき,風呂の中で読むと笑えてリラックスができる。そして旅に出たくなる。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

椎名誠(しいな まこと)
1944年、東京生まれの作家。「本の雑誌」初代編集長で、写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
映画監督としては、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞、フランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞をそれぞれ受賞している。

地球どこでも不思議旅 (集英社文庫)のその他の作品

椎名誠の作品

ツイートする