裏切りの日日 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.21
  • (6)
  • (47)
  • (101)
  • (20)
  • (1)
本棚登録 : 493
レビュー : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087491258

作品紹介・あらすじ

人質を楯に、身代金を奪った犯人は、厳重な包囲の中で、ビルの9階からエレベーターに乗り込んだが、1階についた時には消えていた!その頃、近くのマンションで、右翼の大物が何者かに射殺された。"2つの事件は関連するものなのか?"居合わせた警視庁公安刑事・桂田の暗い瞳が光った。彼は、2年前に妻子に逃げられ、それ以後、人が変わったといわれる。その凄腕に更に磨きがかかり…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 犯人については早くから手掛かりがばらまかれているので予想は簡単についてたけど、まさかの結末。
    結局のところ黒幕は逃げ切ったってことだよね。もやもや。
    百舌だの隼だの出て来て、ほかのシリーズも楽しみ。

    ちなみに読んだ本は、赤い表紙でした。

  • 『MOZU』シリーズ0(ゼロ)作。シリーズ原点作品となる。登場人物に若干重なりはあるが、シリーズとはまた別物と考えてよい。
    ミステリー小説としてはやや薄手ではあるが、終盤からの展開は見物。そして細部まで緻密に練られたトリックもまた見事。

  • エピソード0・・・お、ツキさん登場♪
    ほお~、なるほど。ここからシリーズに繋がっていくわけね!
    これはこれで完結だけど、なんだか物悲しい事件だったわねぇ。
    裏切りの美学?わかるような、わからんような・・・。
    んで、浅見刑事は警察をやめちゃって、それっきりなのかなー?

  • 10月-14.3.0点。
    百舌シリーズの前日譚。
    ある公安刑事と、その部下の物語。
    題名通り、色んな裏切りがある。

    かなり古い小説。あっさり。
    百舌シリーズを読む前に、一読した。

  • 久しぶりに逢坂剛を読んだ。
    古い文庫本で活字が小さくて参った。

    なるほどという結末。

  • 久々に昭和のにおい濃厚な作品を読んだ。「ダストシュート」なんて使った経験のない人には想像もつかないだろう。

    さて、物語は浅見の動向を追うことで展開する。犯人につながる描写は序盤の2人の男の姿であるが、なかなか実像に結びつかない。最後には納得のいく説明があるものの、途中に出てきた周辺人物の回収ができないまま終わってしまった感がある。

    携帯電話もパソコンも出現する前の時代。人間の想像力や行動力、内面のドロドロや乾きなどが全編にあふれ、改めて人に対する興味をかき立てられた。

  • アクの強い公安刑事・桂田は、新しい相棒・浅見とそれなりに上手くやっていた。
    警視庁警務局・特別監察官である津城は、桂田を内偵調査するために浅見に協力を求める。
    桂田に親近感を感じ始めていた浅見は抵抗をおぼえるが、津城は気にしたようすもなく帰っていく。
    ほぼ同時に起きたビル人質事件と右翼の大物射殺事件。
    関係のないものと思われたこのふたつの事件は、思いがけない繋がりがあった。
    この作品が書かれていたときには、すでに「百舌の叫ぶ夜」の構想があったのだろうか。
    凄烈な印象を残す津城警視のキャラクターは、このときには基本的なものはほぼ出来上がっていたようだ。
    桂田の孤独さが垣間見える場面はどこか哀しかった。
    悪い人間ではない・・・とは感じたけれど、一度狂ってしまった歯車は元には戻らない。
    麻由子の弱さがすべてを桂田から奪い去ってしまった。
    本当に悪人だったのは誰か。
    少なくとも桂田や浅見ではないことは確かだ。
    どこか陰鬱な空気が漂うプロローグが、この物語の雰囲気を序盤にして一気に作り上げていた。
    読み始めの掴みがいかに大事か、グッと物語の世界に入っていけた。
    悪人になりきれなかった浅見の選択に、少しだけれど心が落ち着いた。
    「裏切りの日日」をさらに研ぎ澄まして洗練された先に「百舌の叫ぶ夜」があるのかと。
    もう一度「百舌シリーズ」を読みたくなった。

  • スピード感があって一気に読めました。好きな雰囲気の物語。

  • ハードボイルドと言うには少し推理小説然としていて、どんでん返しと言うほど意外性のある結末ではなく、やや中途半端な印象。1986年の作品なので、昭和の雰囲気が色濃く残っていて、そこはいい。

  • 2016 4 19

全55件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

逢坂剛

一九四三年、東京生まれ。八〇年「暗殺者グラナダに死す」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。八六年に刊行した『カディスの赤い星』で直木賞、日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。二〇一三年に日本ミステリー文学大賞、一五年には『平蔵狩り』で吉川英治文学賞を受賞。「百舌」シリーズや「長谷川平蔵」シリーズなど著作多数。

「2019年 『果てしなき追跡(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

裏切りの日日 (集英社文庫)のその他の作品

逢坂剛の作品

裏切りの日日 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする