夜の鶴 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.40
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 9
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087493795

作品紹介・あらすじ

黒板塀で囲った「鶴の家」は小路の角にあった。二代目の小鶴は、初代関の養女。画家朝蔭信と湯島に棲家をもっているが、娘の千賀子の父は朝蔭ではない。朝蔭の態度に一喜一憂してとり乱す母の姿に、自分を重ねまいとしながら、いつしか同じ道を歩む千賀子。東京・下谷の置屋の三代の女たちを描く長篇小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 収録内容は以下の通り。

    本編(昭和39年12月 発表)
    川村湊: 解説

    動乱の時代を経て、大きく変わったものと、変わらずに受け継がれていくものの描き分けに、著者の良識を感じた。
    作中で描かれる東京下町の街並みや風景と、千賀子の感懐の対照が際立っていてよい。

    カバーは吉川勉。

  • 途中放棄

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1914年東京都生まれ。1941年に『青果の市』で第14回芥川龍之介賞を受賞する。
代表作に『湯葉』『隅田川』『丸の内八号館』の自伝三部作や、『洲崎パラダイス』『青磁砧』『隅田川暮色』『雪舞い』などがある。

「2021年 『芝木好子小説集 新しい日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芝木好子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×