2/26 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087494440

作品紹介・あらすじ

昭和11年2月26日午前零時、22名の陸軍青年将校に率いられた1500名の蹶起部隊は「昭和維新」の名のもとに雪降りしきる帝都に躍り出た。政治と国策の失敗で貧困と不安にあえぐ国民を救うために。弱冠20代の青年将校達の怒りと鉄壁の意思を笠原イズムで描いた"青春のバイブル"。松竹富士映画原作々品-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4087494446 214p 1989・3・20 1刷

  • 映画2/26の原作小説です。なんか高校生の頃旅先で見つけた(笑)読みやすいです。安藤大尉と河野大尉が印象的。以後好きな人物。主人公は栗原っぽいのですが。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

昭和2年(1927)東京生まれ。新潟県長岡中学を卒業後、海軍特別幹部練習生となり、大竹海兵団に入団。復員後、様々な職につき、昭和29年東映株式会社宣伝部に常勤嘱託として採用される。昭和33年、脚本家デビュー。美空ひばりの主演作や時代劇、『日本侠客伝』シリーズ、『博奕打ち 総長賭博』をはじめとする東映任侠映画、『日本暗殺秘録』、『仁義なき戦い』四部作、『二百三高地』『大日本帝国』、『226』等を執筆。平成14年死去。

「2018年 『笠原和夫傑作選 日本暗殺秘録――昭和史~戦争映画篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

笠原和夫の作品

ツイートする