トラちゃん 猫とネズミと金魚と小鳥と犬のお話 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.81
  • (100)
  • (65)
  • (150)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 699
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087494815

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 群先生出会いの一冊

    群家のペット事情といいますか、ペットエッセイといいますか…なかなかに面白い、ペットもさながら群家が面白い。

    我が家で人気のある話はビンタちゃんのお話でした。

  • 群さんの中で一番好きな本!!

    「インコのピーコちゃんの話」の中で、群さんの弟がピーコちゃんにかつらをつける場面は、最高にうけました!!
    (群さんのお母さんも最強ですよ。)

    この一冊は、動物好きにはたまりません。
    ほのぼのします。

  • 彼女の家で暮らす動物たちをいきいきと軽快に紹介している。動物たちだけでなく彼女の母や弟の言動も魅力的で笑える。

  • 学生時代、通学のバスの中で読んでいて噴き出さずにはいられなかった一冊。
    金魚のよしこちゃんがいい味出してます。

  • たまたま本屋さんに、「ナツイチ」と言うフェアー中で積んでありました。
    表紙が可愛くて、時間つぶしに読んでみたら、面白くて買って帰りました。
    作者の群さんの、ペットたちの話です。
    短編が11かな?入っていて、同じ時期に飼っていたりもするので、微妙なつながりもあります。
    動物好き、ペットを飼ったことのある人は、思わす、そうなんだよね~と思ったり、へーっと感心したりするお話でした。

  • いきものたちが可愛くってちゃちゃと読めてしまった。

  • 迷い込んできた猫の親子、いつの間にか巨大化していた金魚、隣のハゲ親父に捨てられた十姉妹、大所帯になったハツカネズミ…群さんが子供の頃から実家を出るまでに一緒に過ごした動物達との思い出を綴った本です。ペットを飼っているという感じではなく、動物達の個性を尊重して一緒に生活しているのが素敵。健気な十姉妹のビンタちゃんと「お掃除係」のハツカネズミさんが可愛い!(そして群ママはもっと可愛い)

  • ビーの話とセットで本棚に。実家の猫を思い出して泣く。

  • 群さんの本はサクッと、クスッと読めちゃうね。
    この人の動物の話は、愛が溢れていて、とても好き。

  • やたらに動物がいる群家と、迷い込んできたトラちゃん一家の日常。あったかくて可笑しくて元気になれる本なので、友人への贈り物にしたことも。但しつい吹き出してしまうので外で読む時は要注意。(TagMimeiさん)

全82件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

群 ようこ(むれ ようこ)
1954年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。広告代理店に就職するが半年で退職。6回の転職を経て「本の雑誌社」に事務職で入社。やがて本名で『本の雑誌』に書評を執筆しはじめ、1984年『午前零時の玄米パン』でデビュー。同年退社し、作家専業となる。
代表作として映画のために書き下ろした『かもめ食堂』、ドラマ化された『パンとスープとネコ日和』など。

トラちゃん 猫とネズミと金魚と小鳥と犬のお話 (集英社文庫)のその他の作品

群ようこの作品

ツイートする