トラちゃん 猫とネズミと金魚と小鳥と犬のお話 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.81
  • (100)
  • (65)
  • (150)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 699
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087494815

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友達から、面白いよ。
    そう言われて読み始めた本。

    それが、群ようこさんとの出会い。
    彼女の書きっぷり、大好きです。

  • 可愛くて面白い、いろいろな動物の、ストーリーです!!  インコの、ピーコちゃん と、ゆうおはなしでは、インコなのになぜか、カツラ・・・が、出てきます!凄く笑ってしまいました!!!


  • 群さんのエッセイはテンポがよくてスラスラ読めます。ペットとしてではなく、家族の一員として迎え入れられた生き物たちのお話。一番興味をそそられるのが群さんのお母様だったりします。

  • 猫が生き生きと描かれていて、よかったです。今年中には書き写ししたいと思ってます。

  • 群ようこさんのペット遍歴。
    とにかくおもろいエピソードがてんこ盛りな群家のペットちゃんたちに頬が緩みます。
    ……うちの公どもなんてまだまだ可愛い部類だわー。

  • 積んどく

  • ネコ好きなら読むべし!!
    泣いたり笑ったり。

  • 生き物好き、ネコ好きなら必読のエッセイです。生き物の描写が細かく書いてあって、群さんの家に住む生き物たちの様子が目に浮かびました。
    (2008/12/13読了)

  • 僕は基本的に動物を飼おうとは思わない性質ですが、
    この動物エッセイは読んでいてあたたかくなってきました。
    ペットをインテリアかなにかと勘違いしている輩に、
    この本を読ませてやりたいです。

  • この本は、とても好きです。読んでいると、心が温かくなります。

全82件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

群 ようこ(むれ ようこ)
1954年、東京都生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。広告代理店に就職するが半年で退職。6回の転職を経て「本の雑誌社」に事務職で入社。やがて本名で『本の雑誌』に書評を執筆しはじめ、1984年『午前零時の玄米パン』でデビュー。同年退社し、作家専業となる。
代表作として映画のために書き下ろした『かもめ食堂』、ドラマ化された『パンとスープとネコ日和』など。

トラちゃん 猫とネズミと金魚と小鳥と犬のお話 (集英社文庫)のその他の作品

群ようこの作品

ツイートする