岳物語 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.62
  • (172)
  • (239)
  • (443)
  • (26)
  • (3)
本棚登録 : 1891
レビュー : 205
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087494907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私はひねてて大人の顔色を伺うような子供だったから自由で素直で好きなことにまっすぐな岳少年に憧れるなー。

  • 小説かと思っていたんですが、エッセイですね。岳君のくりくりであろう坊主頭を想像しながら読みました。作者は仕事で忙しいなか、息子との時間を大切にするいいお父さんだと思いました。

  • 親子の物語でした。
    岳の成長とそれに伴うお父さんの心理がわかりやすくかかれてました。いつか自分も子供を持って成長するとこんな感じなのかな、と思って見てました。
    岳はこのあとどう成長するよか、お父さんはどう思うのか楽しみです。
    続きがあるらしいので、ぜひ見たいですを。

  • SF以外で初めて読んだ椎名さんの小説。主人公の岳くんがおそらく自分と同世代であることと、母と同い年の椎名さんが少年期を千葉の東京湾岸地区で過ごしていたという点で興味をひかれた。
    岳くんのようなガキ大将は、ワタシの子供時代までには確実に存在していたが、今では聞かなくなってしまった。当時も一般的な親子関係は希薄であっただろうけど、椎名さんの仕事が普通のお父さんとは違うということもあり、椎名さんなりのスキンシップを深めてきていたのだろう。当の岳くんが親の見ぬ間に成長して行く様が描かれているが、当人自身はどんな思いで少年期を過ごしていったのだろうか。おそらくもう結婚して社会人としても中堅であると思うのだけど。

  • すばらしい距離感。
    椎名誠を読むのは初

  • 17年ぶりの再読。
    こんな風に子供を育てたほうが良かったのだろうか。
    普通の育て方しかさせなかったけど、この本再読してまた子育てしてもたぶんこんな風にはできないよなぁ。

  • +++
    彼の名は岳(がく)。椎名誠の息子である。椎名誠よりもシーナ的といわれている。これは、ショーネン・岳がまだ父親を見棄てていない頃のウツクシイ父と子の友情物語である。著者初の私小説。
    +++

    私小説と聞かなければ、フィクションの少年物語だと思ってしまうくらいである。岳少年の少年らしい無邪気さや一途な興味の向い方、父との関係、母との関係、現れ方は様々だが、きわめて健やかに描かれていて好ましい。気持ちの好い一冊である。

  • ユーモア漂う文章で気楽に読める。父子の関係がいいね。

  • (1998.12.22読了)(1998.12.17購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    山登りの好きな両親が山岳から岳から名付けた、シーナ家の長男・岳少年。坊主頭でプロレス技もスルドクきまり、ケンカはめっぽう強い。自分の小遣いで道具を揃え、身もココロもすっかり釣りに奪われてる元気な小学生。旅から帰って出会う息子の成長に目をみはり、悲喜こもごもの思いでそれをみつめる「おとう」…。これはショーネンがまだチチを見棄てていない頃の美しい親子の物語。著者初の明るい私小説。

全205件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

椎名誠(しいな まこと)
1944年、東京生まれの作家。「本の雑誌」初代編集長で、写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
映画監督としては、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞、フランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞をそれぞれ受賞している。

岳物語 (集英社文庫)のその他の作品

椎名誠の作品

ツイートする