続 岳物語 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.66
  • (98)
  • (114)
  • (236)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 1054
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087495072

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルどおり、椎名さんの息子「岳くん」の物語。
    というか、成長日記みたいな感じ。

    いうなればただの家族日記。
    なのに、つまらなくない。
    いや、おもしろいと思う。

    岳くんに魅力があるのももちろんなんだけど、何より親としての
    視点がおもしろいのだと思う。
    あー。自分はどんな親になれるでしょう。

  • 著者・椎名誠氏と、その息子の岳くんの話。

    岳面白いwwwwwwww
    ほほえましい日常的な。

  • 友人のすすめにて。

    アウトドアのすきな友人らしいチョイス。
    平易な文章なのに、妙にこころに沁みてくる部分もあって、素朴なあたたかさを感じる文章。
    山登り、魚釣り、男の子の趣味が満載なので、かねてより男の子に憧れているわたしとしてはますます「男の子になりたーい!!」熱をかきたてられてしまうのであった。

  • ・8/? 読了.殆ど釣りの話しに終始している.今頃どのような少年になってるのだろう.それよりもこんなに世界のいろんなところへ冒険に行く人生を送るって言うのは、大変だろうけど面白そうだ.

  • タイトルどおり岳物語の続きです。
    なかなか面白かったです。
    説明すると父と子の成長物語・・・まんまだなw

  • 親離れと子離れ。

    どちらも お互いに揺れてる様子や
    そんなこと関係なくも お互い自由な部分。

    椎名節がいいです。

  • 前作の父子関係がとても好きで続編を読みました。そうしたら岳君が大人になっていてびっくりしました。当然それはいつかくることですが、実際に読むと切ないです。

  • 岳物語の続編。
    前作では小学生の低学年だったが、高学年になっていた。

    岳少年のような子供になって欲しい。
    長男が生まれる前から、自分が理想とする息子像だ。
    そして今息子は小学1年。
    学校の宿題、友達との遊ぶ時間、帰宅時間、就寝時間など
    妻も自分も細かいことを注意している。

    椎名誠のように、余裕を持たなくては・・・
    と言うことは理解しているんだが難しい。

  • 早朝から夜まで、同じ場所に座って釣り糸をたらすこの少年の
    どこに集中力がないというのか。

    ごもっとも。
    つまらない大人は、ほんとつまらないことばかり言う。

  • 椎名誠さんの息子と知り合いの方、どーか一度会わせてクダサイ(笑)

全61件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

椎名誠(しいな まこと)
1944年、東京生まれの作家。「本の雑誌」初代編集長で、写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
映画監督としては、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞、フランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞をそれぞれ受賞している。

続 岳物語 (集英社文庫)のその他の作品

椎名誠の作品

ツイートする