69 sixty nine (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.50
  • (276)
  • (304)
  • (908)
  • (52)
  • (16)
本棚登録 : 2688
レビュー : 391
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087496284

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テンション高い読み物だった。男子高生ってこんなんだったっけ〜?「若い!」ていうのが読後の印象。

    世の中や大人への反骨精神とか、恐いもの無しでバカな事ばっかやってたりとか、毎日友達とげらげら笑ってたとか、そんな高校時代を思い出した。何時の時代も、この年頃って単純で複雑っていう矛盾をかかえてる。でもそのないまぜ状態が心の成長には不可欠なんじゃないかな
    おもしろかった。

  • 村上龍自らの高校時代をもとにして書かれた作品。
    1969年、当時17歳であったケンはバリ封やフェスティバルを企画する。
    九州が舞台の爽快青春小説。

  • 品は無いけど良質な青春

    同じ戦後でも今とは違う世界のようなきがする1969年

    希望の国のエクソダスや昭和歌謡大全集等に、散らばって行く前の村上龍『自身』がいるような気がしました。

  • 馬鹿馬鹿しくて、ちょっと汚ないところもある。笑えて、もう楽しんだもん勝ちでしょ!っていうのことをガンガンぶつけてくる。
    わたしはふつーうの学生生活送ったので、もっとあほしても良かったなーと少し羨ましくなった。

  • 感想

    なんか読みにくかった

    いろいろ嘘だの妄想だのなんだこの主人公は

    最後のフェスティバルもすぐ終わるし

    もったいないね

    俺の方がもっとうまく書けるね*\(^o^)/*笑

  • 当時の事情を何も知らないで読んだら、全くつまらないんだと思う。

  • 八月の犬は、二度吠える、に刺激を受け、青春小説を再読中。
    村上龍 69 を読みつつ、1969年という時代を感じます、
    そういえば、庄司薫 赤、白、黒、青の四部作も、1969年の半年間の出来事(物語)ということに気づかされる。

    春先に東大入試が中止となりましたが、私は、無関係に選抜高校野球の応援にて甲子園まで出かけておりました。初戦で対戦した、三沢高校 太田幸司を遠くアルプススタンドから眺めた記憶あり。(5対3で敗退) その年、夏の甲子園では、三沢高は、決勝戦まで進むわけでありますが。あの夏、高校二年生だった私は、佐世保北高の村上龍之介にはほど遠いですが、いったい何を楽しんでおったでしょう。(帰らぬ日、遠い昔であります)

  • 少年の不器用な青春時代が痛快です。佐世保の雰囲気も満喫できます。

  • 1969の気分、雰囲気が十分伝わってきた。ファッション、思想、反米・反戦、学生運動、バリ封、そして音楽(ROCK)。

  • 映画でみる分には面白かったけど、
    小説で読むにはちょっとサムい
    (ウケ狙おうとしてるのが見え見えな感じが・・)

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

69 sixty nine (集英社文庫)のその他の作品

69(Sixty nine) 単行本 69(Sixty nine) 村上龍
新装版 69 Sixty nine 単行本 新装版 69 Sixty nine 村上龍

村上龍の作品

ツイートする