69 sixty nine (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.50
  • (277)
  • (304)
  • (908)
  • (53)
  • (16)
本棚登録 : 2691
レビュー : 391
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087496284

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 村上龍氏の作品を初めて手に取ったのが本作

    友人からの勧めで読んだ1冊
    私が読んだのは、大学生になってから・・・

    あああ高校生の時に読みたかった・・・
    それくらい浸透した作品です。

    でも大学時代に出会えただけ幸せだったのかもしれません。

    1969年、若者が日本が強烈なパワーを持っていた時代。
    舞台は九州の米軍基地がある町

    矢崎は、読書はするが、やはり女の子が好きな青年

    青春を謳歌するとはこのことを言うのかと思んだ1冊、でもここに書いてあることやったら、怒られるだけじゃ済まないだろうなあと冷静に現実もみてしまう自分もいて

    この何とも言い難い読後感・・

    人生を思いっきり楽しめと語りかけてくる1冊



  • 村上龍、政治

  • なんとも爽快で楽しい本だった。
    楽しくてカッコよくて明るくて美しいものが正義
    単純だけど本質的に感じる。
    くすくすと笑いながらも、なんだかノスタルジックになってしまった。
    1番大きな収穫はゴリラの鼻くそ

  • 品は無いけど良質な青春

    同じ戦後でも今とは違う世界のようなきがする1969年

    希望の国のエクソダスや昭和歌謡大全集等に、散らばって行く前の村上龍『自身』がいるような気がしました。

  • 電子書籍、というもので無料になっていたので試しに読んでみた。まず電子書籍っていう観点から、どうも読み進めるのに時間がかかった。確実に言えるのは、家で読む気にはなれない。私の勝手な見解だけど、本っていうのは、持ってページをめくっていく、その感覚を三次元で体感しなければ楽しめないものだと思う。紙の上に印字された言葉たちが、最も生き生きする場所。デジタルな世界じゃ、味わえない感覚。読み進めると、薄くなっていく左側。しおりをはさんで本をとじた時、まだまだ終わらない話の続きを想像する、そんな感覚。
    良い点としては、たくさんの本を持ち歩けるっていうのはあるだろうが。

    本題。
    村上龍は最後の家族が最後。
    あんまりぱっとした印象はなかったけれど、確か暗い内容だった気がする。
    だからこの69も暗い話なのかと思って読み始め、主人公の厨二病感に呆気をとられた。

    完全なる男の子の世界。
    夢を夢見て、それを全力ではない気だるさを含んだ気持ちで進んでいって、結局はやり遂げてしまう。
    なにより主人公の妄想の加速具合が凄まじかった。
    映画、アート、音楽、宗教、哲学、たくさんの芸術に触れようとはしているんだけど、結局は全てが女とセックスを夢見て頑張ってる。
    レディジェーンも、まんざらでもない感じを漂わせながら動きを出すから、こういう感じ、すごく男の子はくすぶられていくんだろうなあ。

    ふざけて楽しんで、たまに転んで、それさえも楽しめるように。
    これこそまさに青春。

  • ああ、そうすか。
    やんちゃしてたのね。
    と、人の若い時分の思い入れ話なんぞ
    特に読まなくてもいいと思た。

  • 馬鹿馬鹿しくて、ちょっと汚ないところもある。笑えて、もう楽しんだもん勝ちでしょ!っていうのことをガンガンぶつけてくる。
    わたしはふつーうの学生生活送ったので、もっとあほしても良かったなーと少し羨ましくなった。

  • 若い頃の性欲やら欲望やらが、所々汚いけど、所々美しく描かれていて楽しい。

    バリケード封鎖後の出来事の描写がすごかった。

    村上龍さん元気だな…。

  • 何度も読み返したくなる。
    村上龍さんの要素が散らばりながらも、他の作品とは一線を引く。佐世保、米軍、反体制…、バックグラウンドにあるものは彼のはずなのに、何故か等身大で入っていける。わくわくもするし、応援もしたくなる。自伝的小説だからこそ、村上龍さんの魅力がより伝わってくるのかもしれない。

  • いつ以来の再読だろう、電子書籍化を機に再読。1969年の、祭りへの熱気につつまれた空気、時代をよくあらわしてくれる。自分の欲望に忠実で、グランドデザインを描き、周囲をまきこむ力のある主人公ヤザキ。冷静で実務家として力を発揮するアダマ。ふたりが組めば旋風を巻き起こすが、まわりにいて巻き込まれる方は辛い目に合うことも。ふたりは、きっと、そんなの関係ねえ、と言いそうだけど。楽しんだもんが勝ち、つっぱしったもんが勝ち、そして後日譚のヒロインにふられ、やけ食いしまくって夜中にフルートでハービー・マンをふきまくり、若いヤクザになぐられるシーンがなぜか印象に。

  • 高校生のとき、わたしはそれなりに高校生活を謳歌したつもりだったけれど、もし高校時代にこの本を読んでいたら、もっと楽しめたのではないかと思いました。時代は違えど青春の過ごし方はきっと変わらない!はず!少なくともわたしは、こんなちょっと馬鹿だけど行動力のある高校生でいたかった。

  • テンション高い読み物だった。男子高生ってこんなんだったっけ〜?「若い!」ていうのが読後の印象。

    世の中や大人への反骨精神とか、恐いもの無しでバカな事ばっかやってたりとか、毎日友達とげらげら笑ってたとか、そんな高校時代を思い出した。何時の時代も、この年頃って単純で複雑っていう矛盾をかかえてる。でもそのないまぜ状態が心の成長には不可欠なんじゃないかな
    おもしろかった。

  • すっごい今更だけど、読んでみた。これは中学、高校とかせめて大学の時に読んでみたかったなー

  • 映画化されたけど、つまらなかった。

    69は淫靡で、象徴的な年、安保闘争が盛んだったころ。
    限りなく透明に近いブルーもそうだけど、
    題名が秀逸。

    13歳のハローワークといい、時代を切り取り
    商売上手。

    文章に出てくる、太文字が印象的、
    美しいものは、美しい、醜いもは、醜いと
    はっきり書いてある。

    人生は楽しんだもん勝ちだと。

  • 学生時代特有の、馬鹿馬鹿しさとエネルギーに満ち溢れた作品です。

    私が学生だったころとは40年近く時代の違う物語でありながら、男子高校生が抱く
    社会への反抗的感情・異性への憧れはいつの時代も変わりませんね。

    ところどころに出てくる太字やユーモアに富んだ文体がハイテンションな世界観を醸し出しています。

    しかし、これが自伝的作品とは・・・
    村上龍氏は随分華やかな青春を過ごしたのですね。

  • この時代に生きた高校生ではなかったし、今現在が高校生でもないのですが、何か希望に突き動かされる剣介達がありありと思い浮かべることが出来ました。
    恥ずかしながら、村上龍さんの他の作品を読んだことがないので、この作品が異質と呼ばれるのも知りませんでした。
    映画を先に見てからの本だったので、妻夫木くんを想像しながら読んでしまいました。

  • 中学生の時に友人に薦められて読んだ、ものすごく楽しい小説。何年か毎に読み返しているけど、あの頃に読んでおいて良かったと思う。

  • どんどん世界に引き込まれていった。とっても面白かった!

  • とても楽しく面白かった。
    私は、この小説の時代背景を知らなかった。
    私の青春時代は先生に反抗なんかできず、今思うと絶対服従だった。なんて、つまらない青春時代なんだろう、、、と読みながら感じた。もっと今を楽しんで生きよう。

  • 2013.12.5
    もう、今までに十数回読んだだろう。本当に読んでて楽しい。
    死んだ時には棺に入れてください。
    近所の高校生に配って歩きたい。
    今回はケンのお父さんがかっこいいと思ったな。

  • 村上龍曰く、楽しく生きることは戦いである、と。
    この小説にはその戦い方のコツみたいなものが書いてある。
    「ゴリラの鼻くそ」はさっそく実践してみたい。

  • 面白いです。若い人向け。

  • 現実からは絶対抜け出せないってわかってるのに、湧き出てくる反抗心だったり無謀に思えるチャレンジ精神だったり、自分の青春時代がこの小説につまってる気がした。もちろんデモなんてしてないけど(笑)

  • こういうロック?
    ラブ&ピース的な??

    たまには、龍にも書いてほしい。
    青春だな。そうだな。

  • 村上龍最高傑作

  • 普通ならタブーになるような差別用語や宗教のようなデリケートな内容が日常のなかで淡々と出てくる。内容が割と明るいので読むのが苦にならない。

  • 80年代にこれを書いたのはすごいと思うがラノベっぽい。あまり魅力のある話でもない。祭は永遠に楽しいというところは共感した。

  • 筆者の自叙伝的な本作。

    田舎の高校生の矢崎剣介の刺激的な日々がつづられています。

    1969年が舞台のため、大学の学内闘争や
    今でいうオールディズ的な洋楽やJazz等も話題に出てきます。
    全体的ににわかだけど、カッコつけて話ている姿など
    非常にほほえましいです。

    途中、秀才や不良な仲間を巻き込んで
    学校をバリケードで封鎖したり、フェスティバルを開催したりと
    絶対現代にはそう行動しないだろうというケースが多々出てきます。

    登場人物の思考がどんどん流れに任せて変わって行く様が、
    若さ故のハチャメチャな雰囲気を感じさせ、
    ある種のエネルギーが感じられました。

    文章中のキーワードのフォントが大きくなっているのも
    本書の特徴だと思いますが、インパクトがあって
    このやり方も文章に勢いをつけていると思いました。

    さすが日本を代表する作家です。

  • 主人公の、お祭り好きで大胆な一面、
    感受性豊かで精神的に弱い一面がパタパタと揺れて見える。

    高校生の感情の機微が丁寧に描かれていた。
    子どものままでいたいという「周囲への甘え」と、
    「理想」に近づきたい(「大人」ではない)という気持ちが見えてくる。

    「楽しく生きたい」という思いだけは一本筋が通っている。
    また読みたい。

  • 感想

    なんか読みにくかった

    いろいろ嘘だの妄想だのなんだこの主人公は

    最後のフェスティバルもすぐ終わるし

    もったいないね

    俺の方がもっとうまく書けるね*\(^o^)/*笑

全391件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

69 sixty nine (集英社文庫)のその他の作品

69(Sixty nine) 単行本 69(Sixty nine) 村上龍
新装版 69 Sixty nine 単行本 新装版 69 Sixty nine 村上龍

村上龍の作品

69 sixty nine (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする