白い手 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.25
  • (8)
  • (35)
  • (110)
  • (10)
  • (0)
本棚登録 : 348
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087498189

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昭和の少年たちを生き生きと描く。
    子どもでも男のプライドにこだわり、ケンカと冒険に明け暮れる少年たちは微笑ましい。
    松井君と白い手のエピソードが柔らかさを与えている。語り手の少年が椎名誠のように思えるが、松井君もまた椎名誠なのだろう。
    昭和の子どもたちのきらめきが目に見える良作。
    でもLGBTの人たちは本当に生き辛かっただろうなと思った。子どもですらこの男女差。自然や冒険が減ってしまったのは残念だけど、多様な生き方ができる今の方がやっぱりいいように思う。

  • 小学校の時に読んで改めて再読。

  • 椎名さんは、さして感慨深くもなさそうに書いているが、松井が引っ越したことはとても寂しく、彼が亡くなってしまう『白い手』の女の子のために毎日ハーモニカを吹いたことに痛く心惹かれていたのだろう。そんな松井をかばいつつも、時にかばいきれなかった切なさがよく伝わってきた。

  • 初めは,「うーん,買わなくてもよかったかも」と思ったけれど
    最後まで読んだら,じんわり沁みた。
    シーナ少年の日記みたいになっていてとても読み易かった。

    私は平成生まれだけれど,小学生のときの自分の「世界」
    の小ささはまさにこんなふうだった気がする。
    挿絵も,ボールペンでひょいひょいと書いたようなタッチで
    物語によく合っていたと思う。

  • 昭和のこどものお話。
    学校でウンチをするのは男子の沽券にかかわる。わかるなあ。
    こども時代のおばかな自分を思い出します。
    デジャブだな~。

    2012/06/30

  • 初めて読んだ椎名先生の執筆本。
    どこか懐かしさを感じさせる。
    小難しい表現がなく、ゆるゆる読み進めることができる本。

  •  同年代の作家が書く作品、とくに自叙伝やエッセイなどは、共感する部分が多いのはわかります。
     でも椎名さんは私より一回り以上違うお方。

     時代を感じさせる表現は随所にありますが、対象は何であれ何かに興味をもち行動する少年の気持ちは不変なのでしょう。
     私はこういう少年時代を描いた小説は大好きです。

  • あの白い表紙の変型ハードカバーで読むと、優しい気持ちに満たされる。

  • 椎名誠の小学校の思い出をエッセイとして、綴る。
    自ら黄金時代と語るそのときの感性と、キラキラした日常。そんなに面白そうでもないけどなあと思いつつ。むしろドラマはあまり無いのか、子供心にあった重大事件がもっとあると思うのだけど。
    なにも具体的な不安なく 、何か大人になる不安だけが微かにあって、それが今の楽しさに安住しようという圧力になったりする。歩いて帰る道すがら、ふと空を見上げて息を吐いたり、神社の神様に好きな人と両想いになれるようにお願いしたり、いくらでも輝く思い出がある。その空気を人に伝えるのは難しい。本書を読んでも、自らの懐かしい時代とは重ならなかったから、きっとそうだ。心の中にそっとしまっておこう。

  • 20110811

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

椎名誠(しいな まこと)
1944年、東京生まれの作家。「本の雑誌」初代編集長で、写真家、映画監督としても活躍。『犬の系譜』で吉川英治文学新人賞を、『アド・バード』で日本SF大賞を受賞。近著に『あやしい探検隊 台湾ニワトリ島乱入』『あやしい探検隊 済州島乱入』『そらをみてますないてます』『国境越え』『にっぽん全国 百年食堂』『三匹のかいじゅう』『ぼくがいま、死について思うこと』『おれたちを笑え! わしらは怪しい雑魚釣り隊』『雨の匂いのする夜に』『おなかがすいたハラペコだ』など多数。
映画監督としては、映画『あひるのうたがきこえてくるよ』で第10回山路ふみ子映画文化賞受賞。映画『白い馬』で日本映画批評家大賞最優秀監督賞、95年度JRA賞馬事文化賞、フランス・ボーヴェ映画祭グランプリ受賞、ポーランド子ども映画祭特別賞をそれぞれ受賞している。

白い手 (集英社文庫)のその他の作品

白い手 新書 白い手 椎名誠
白い手 (集英社文庫) Kindle版 白い手 (集英社文庫) 椎名誠

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

白い手 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする