良いおっぱい 悪いおっぱい (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.73
  • (8)
  • (6)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087498318

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 育児書というよりも、肩の力を抜くために読む本という印象。
    母になる人を脅す本はあるけれど、肩の力を抜いていいという本は少ないと思う。だだ甘やかして褒め称える本でもないのがいい。
    私が男だからなのもあるのかもしれないけど、好感八割嫌悪二割ぐらいの方がいいのかしら。

  • 当時 育児で 悩んでたとき この本に出会い 肩の力が抜けて ゆったりと育児が出来るようになったことを 思い出しました。 子より 親が大事  目から ウロコでした。

  • 結婚前に読んで、「がさつ、ぐうたら、ずぼら」というキーワードにしびれました。

  •  詩人伊藤比呂美が、第1子を出産した時のエッセイ。最近何かで、その長女が大学へ行くのでどうのって話しを読んだたので、そっかこの子がもうこんなになったのかと感慨深い。昔、知り合いに無理矢理押し付けられて読んだけど、実際自分がなって読むとそりゃもう新鮮。
     で、彼女の悪阻も「一日中むかつく、歯磨きの時気分悪い」なので、やっと「同じ」って人を見つけて安心する。ふ、あれだけ人と同じっていうのが嫌だったくせに、こーなるとこれか(自爆)
     ともあれ、いい加減っぽいけど、非常に勉強していていい本だと思った。

  • 学生時代に読んだ本を引っ張り出して、12年ぶりくらいに読んだ。卒論のテーマが「妊娠・出産・育児」だったので、当時の助教授の先生に、「妊娠のこととかを知るにはおもしろいし、いいよ」薦められて読んだ。今回は、すべての体験者として読んだ。わかったうえで読むほうが数倍おもしろい。でも、最初の妊娠中に読んでもよかったなあとちょっと後悔。

  • 妊娠する前にぜひ読んでおきたかった

  • 2006.06.15読了

  • 妊娠本の中で一番古い本かも。
    妊娠中の体の変化を赤裸々に書いた絵と、「良いお母さん」でなくてもいいという主張は当時とても新鮮だったのでは?と思う。(今は割と当たり前になっちゃったけど)女が堂々と太っていいのは妊娠中だけ!という言葉も素晴らしい。(でも、今は太ると先生から怒られるけど)

  • 初めての子育てで緊張している時、
    ずぼらになる方法を教えて貰いました。育児は、キレイ事だけじゃないのだ〜!!ぐちゃぐちゃな子どもと向き合うために大切な一冊。


全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年、東京都生まれ。詩人。78年に現代詩手帖賞を受賞してデビュー。性と身体をテーマに80年代の女性詩人ブームをリードし、同時に『良いおっぱい 悪いおっぱい』にはじまる一連のシリーズで「育児エッセイ」という分野を開拓。近年は介護や老い、死を見つめた『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(萩原朔太郎賞、紫式部文学賞受賞)『犬心』『父の生きる』、お経の現代語訳に取り組んだ『読み解き「般若心経」』『たどたどしく声に出して読む歎異抄』を発表。人生相談の回答者としても長年の支持を得ており『女の絶望』『女の一生』などがある。一貫して「女の生」に寄り添い、独自の文学に昇華する創作姿勢が多くの共感を呼んでいる。現在は、熊本と米国・カリフォルニアを拠点とし、往復しながら活動を続けている。

「2018年 『たそがれてゆく子さん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤比呂美の作品

ツイートする