初恋 島崎藤村詩集 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
4.02
  • (16)
  • (11)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087520040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずいぶん前から『逃げ水』がすきで
    暗唱しちゃうくらいすきで(笑)
    そうしたら他の作品もやっぱりでした。
    うつくしい。

    彼自身結構な恋愛遍歴の持ち主みたいですが…
    でもこの純粋さと透明感はなんだろう。
    しかもその中に、残酷さと官能をかんじる。

    うつくしい!!

  • 海へが読みたくて購入。小説家としての島崎藤村は知っていたが詩人としての藤村作品は意外にも初めてだった。
    詩の方も特に難しくはなく、単語の意味も後ろに記載されているので読みやすい。どういう事を訴えたかったのだろうかと、悩む作品も少なからずあるがなんでだろうと思考を巡らせるのも中々楽しい。

  • #bookoff

  • 馬籠の藤村博物館に行きたくなった!
    中学で出会って以来のファン

  •  図書館から借りました


     詩集。と、渡航録?

     心に響く歌は特にないです。
     授業でやった「まだあげそめし~」が入ってます。
     なんだか読みにくくて、だらだら半分読んで、ほかの本を読んで、またこれを読んで、やっと読み終えました。

     正直なところ、この人・・・ダメ人間では?
     教え子に惚れ、姪に惚れ、出産で妻が死んだために子供達の面倒をみていたが、疲れて海外へ。
     ・・・しかも、その手前は引きこもりでは???

     こんなのに、嫁がもらえるのだから、いい時代でしたね。。

  • とてもきれい。
    ひかりと、みずみずしさと、それだけでない何かと。
    「初恋」「逃げ水」「罪」とか好きです。
    「高山に登りて遠く望むの歌」だとか、大地や自然の感じにも、良いなあ~となりました。

  • 『若菜集』『落梅集』などの詩集と、巴里への船旅を描いた旅行記『海へ』を収録。

  • 秋に読みたい。そんな気分にさせてくれるのは葡萄や林檎という単語がふんだんに使われているからだろうか。
    「椰子の実」が藤村の詩だと知って驚きました。
    それから「初恋」は知らないと思っていたのに読んだらちゃんと知っていた。
    きっとどこかで見た事があるのかもしれない。
    初見だと「若菜集」の「おえふ」が好き。言葉がとても綺麗です。

  • すごく共感できる!

  • 素敵な詩集。

全16件中 1 - 10件を表示

島崎藤村の作品

初恋 島崎藤村詩集 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする