車輪の下 (集英社文庫)

制作 : 井上 正蔵 
  • 集英社
3.53
  • (54)
  • (75)
  • (160)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 766
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087520217

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この小説は愉快でも無ければ感動するものでもないだろう。
    周囲や近所の大人たちによって神童と呼ばれた彼の感じやすい精神が無責任な期待の積み重ねに屈し、青春の姿の断片を人生の全てと思えてしまう景色にのめり込み、社会に潰されてしまう物語。

    本来の読み方であれば、突き詰める問題やテーマは「教育制度のあり方」や「拘束からの開放、または脱走」だと思う。しかし、自分の場合は、神学校に入学してからの主人公ハンスと真逆の性格をしている少年ハイルナーとの出会いとふれあいによって育まれた友情とも愛情とも形容出来ない関係について焦点を当ててもいいと思った。
    ハンスが持った学校内の環境に対しての意識、自分が勉強すべき理由、などに対する疑問は、どちらも少年ハイルナーと関わるようになってからだ。これはある意味、考えること、生きることに気付かされた、悟らされたと言ってもいいのではないだろうか? 過去にハンスはよく釣りをしていたり、悪童とつるんだりして過ごしていた。この頃のハンスは人間らしく感じられた。しかし本書の序章のハンスはまるで自意識が無いように思えた。それは常に勉強・試験と彼の意識はそれだけであったからだ。実際試験が終われば趣味の釣りをするワケだけれど、しかし間もなくして勉強に再び取り組む。確かに「教育制度のあり方」について疑問を持ってしまうのもわかる。話しを戻して、ハイルナーと関わった後のハンスは、みるみると行動が変わっていく。学校を出て、実家に帰り、恋をして、働き、友人と飲み歩く。これらは根本からではないにしろ、ハンスの意思で選び取った行動だ。そして最後の結果も…。
    だからこそ、この物語は大半の人にとっては悲しい物語に見える―ー実際そうだと思う。それでも自分は(高校を出て働いてる身だからかもしれないが)、ハンス自身が選んだ結果をそのままに実行しているのだから、たとえそれが逃避だったとしても、本人にとっては幸せだったのではないだろうか、と思わずにはいられない。

  • 多感な青春時代に挫折と脱落という、にがく苦しく恥ずかしい思いを味わった内気な少年の物語。周囲の期待に応えようとする姿勢や、第二の人生でも見せた好奇心などから、まだ「自分」を確立する前の素直であやうい人物像が見えてくる。小説全体を通して「僕の人生なんだったんだ」という被害者的なにおいは確かにあるし、教育者への反発あるいは教育のあり方を問うているように感じられなくもないが、やはり主体は主人公である少年であり、容易に動かしがたい壁を乗り越える方法も壊す方法も見いだせなかった未熟な己からの離脱願望がああいう形となって表れたのではないかと思う。それにしても少年たちの描写の魅力的なこと……文章も読みやすくよどみないが、ヨーロッパの雰囲気をぶち壊す「骨皮筋衛門」などの言葉には脱力感が……(苦笑)。

  •  小さい時にエリートの男の子話なんだろうなあ~自分もそうなりたいな~と思いながら読みましたが、途中で断念(笑)ただ、ラストだけ見てすごくびっくりしたのを覚えています。
     そして、4年後。かなり見方が変わりました。
     ハンスの結末を知ってしまったからこそ、序盤も読むのが苦しかったです。本当の幸せなんて本人次第だけど、自分はそういうものを掴みたいな~とか・・・また何年か後で再び読みたいです。

  • 非常に読みやすかったです。
    言葉がすごくきれいで情景を思い浮かべながら、
    どんどん読み進めることができた。

    青春ってなんだろうとおもう。
    そして青春って必要なんだと思う。
    神経症になったとき、
    ハンスの名誉とは何だったのだろうかと思った。
    ハンスにとっての名誉はただ、外的名誉であり、
    誰かに褒められ認められることであった。
    彼は自分で内的名誉を得ることができなかったのだろうと思う。

    靴屋はそれを知っていたんだ。

  • 明るくはない話。
    どうなっていくんだろうと思ったら、ふいの結末。途中、たくさん勉強したのにうまくいかなかったり、だめだ〜と思ったらすごくいい成績だったり、学生時代の喜怒哀楽が懐かしくもあり。

  • 主人公に共感しながら一気に読んでしまった。
    私は主人公ほど真面目ではないからあのような結末にはならなかったが、勉強ばかりでやりたいことも見つからず悩んでいた学生時代の自分と主人公の姿が重なる。学問も大事だが、親は子供の感受性を大事にしてほしい。

  •  多感な少年が厳然たる体系を持った教育制度に押しつぶされる物語。タイトルの車輪とは、教育制度の比喩であることをわざわざ言うのは野暮であろう。

     毎日夜中まで勉強し、友だちから引き離され、釣りや散歩を禁じられた少年。試験が終わり、当然与えられるべき休みすら許してもらえなかった。彼は根本から優しいのだ。父親や数人の教師のくだらない名誉心を満たし、彼らを喜ばせなければと自分を追い詰めてしまうほどに。そして、悲しいほどに感じやすかった。周囲の期待に応えられない自分に存在価値を見出せなくなるほどに。
     時代も国も違う物語なのに、少年の気持ちを想像しやすく、すんなり自分の中に入ってきた。「期待」が人を簡単に壊してしまうことを改めて認識できた一冊。

  • 読み比べて井上訳を購入。精彩な自然描写が趣を深めるこの物語は、小さな町で育った秀才の少年が、牧師への道を約束された神学校に優秀な成績で入学するも、心と体のバランスを崩して退学し、休養中に失恋も経て、鍛冶職人への道を歩み始めるも、休日に仲間と飲み過ぎて川に流された、という話。勤勉な彼は思春期を迎え、ありありと敏感過ぎる程に感じられ始めた生と、空疎な机上の学問とに引き裂かれてしまった。再生を試みるも、繰り返しの日々が待ち受ける未来展望に絶望し死に至ったのだと解釈した。賞味期限を過ぎてしまうと味わえない、もしくは味気なくなる経験が人生にはある。私の人生には忘れ物が多いかもしれない。だからこそ、今を大切に生きたいと思った。

  • 天才と教師の間の対立。
    異端とされ社会から追放されたものが名を成し、のちに社会で賞賛される。
    逃避のような死因に納得はいかないが、幼少時からエリートとして育てられてきた少年の感性が踏みにじられ、一切の苦労が徒労に終わる時の虚しさは心にぐさりとくる。

  • この作品では、大人たちによる「教育」によって、自分を見失ってゆく少年が辿る運命が描かれている。

    いたるところに、大人や、とりわけ学校教育に対する痛烈な批判が見られる。
    子どもの頃は違和感や反発を感じていたことに対して、気づけば何も感じず、同化している。
    そして、子どもたちに対して、あの頃反発していた「大人」と同じことを言っている。
    それは自分が大人になったからなのか、それとも「大人たち」によって少しずつ、しかし確実に角をそぎ落とされ、他人と同じような、言うなればただの球になってしまったからなのか。
    読んでいて、心が痛んだり、はっとさせられるところがいくつもあった。
    それは私自身が大人であり、そして教育者だからだ。

    それにしても、多感で繊細な思春期の少年の心理を、これほど巧みに表現した作家は、未だかつて見たことがない。
    訳も素晴らしい。
    サガンを読んだ時も翻訳の素晴らしさに感動したが、それをはるかに上回る。

    私がこの作品で最も心を揺さぶられたのは、神学校に入った後の、少年から青年へと移ってゆくハンスの心の変化だった。
    周囲の大人の期待にがんじがらめになり、母親のいない厳格な少年時代を過ごしたため、友人たちと他愛ない情緒的なやりとりができず、苦悩するハンス。そこで初めて出会った、自由奔放で詩的な少年ハイルナーへの戸惑いと、初恋にも似た友情。
    この、ハイルナーとの友情が築かれて、ハンスの裏切りを経て、再び築き直され、そして別れてゆく過程、二人の関係とそれぞれの心の変化、これがとにかく身悶えするほど鮮やかで繊細で素晴らしい。
    ただ、これは共感できる人・・・つまり、そういった心の動きを経験した人でないと、おそらく理解できないだろう。

    また、詩的で芸術的なものを愛し、ものの本質を見極める力をもつハイルナーの感覚を通した古典に関する描写は、それらをほとんど読んだことのない自分でも心が震えるほど素晴らしかった。
    人や風景や物に対してはともかく、文章に対してこのような表現を使った例が、他にあるのだろうか。

    心に響いた表現をあげていけば本当にきりがないほど、この物語中盤は一節一節が心を揺さぶる。
    (特に印象に残った表現は、本棚の「引用」で記録しておきます)

    最初に述べたとおり、「教育のあり方」は本作品のメインテーマの一つだ。
    タイトルである「車輪の下」という言葉は、(私の記憶違いでなければ)p141で初めて、そして唯一登場する。
    校長が、自分たちの思い描いた方向から外れだしたハンスに対し、次のように語りかける。
    「へたばらないようにするんだよ、さもないと車輪の下に圧しつぶされてしまうよ」
    結局、その言葉通り、ハンスは「車輪の下に圧しつぶされて」しまう。

    結末を、救いがないとみるか、ハンスにとっては救いだったのかも知れないとみるか、人によって違うのかも知れないが。
    最後の靴屋の「あなたもわたしも、この子にはもっとしてやることがあったのではないですかな。そうは思いませんか?」という言葉が、胸に刺さる。

    教育者として、ずっと戒めにしたい。



    レビュー全文→http://preciousdays20xx.blog19.fc2.com/blog-entry-446.html

全82件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一八七七~一九六二年。ドイツ、ヴェルテンベルク州生まれ。詩人、作家。一九四六年ノーベル文学賞受賞。代表作に『郷愁』『車輪の下』『デーミアン』『シッダルタ』などがある。

「2016年 『文庫 少年の日の思い出』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヘルマン・ヘッセの作品

車輪の下 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする