車輪の下 (集英社文庫)

制作 : 井上 正蔵 
  • 集英社
3.53
  • (54)
  • (77)
  • (161)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 803
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087520217

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容は忘れました
    すみません

  • 中学生の頃に読んだ本で、
    読書が大好きになったきっかけかもしれない。

    主人公と同い年で、
    自分も進路に悩んでいたので始終唸りっぱなしでした。

    大人になった今、また読み返してみたい一冊。

  • くるしい

    昔の作品なはずなのに共感をしてしまったり、似ている人間が周りにいてて、人間って精神は変わらないのかななんて思った。この落ちていく感じ。もともと人生の目的なんてみつけてなんていなかったのかななんて思って主人公が可哀想に思えたけど共感してしまってることがもう、なんともいえなかった
    周囲に押しつぶされて自分でも潰して最終的にぺちゃんこ
    車輪の下っていうタイトルがほんとぴったりだと思う

  • 大分昔に読んだ本
    なんか、不純な動機で読もうと思ったような……←
    段々と堕ちて行く少年の姿が痛々しかった
    周りからの、過度な、重すぎる期待
    自分には経験無いけど、すごく重圧なんだろうな
    それで苦しんでいる人は、私の周りにもいるかもしれない

  • これも読書感想文で読んだけど、何回か読むと
    内容がわかってきた。でも、最後は・・・;;

  • 中学3年生の頃に読書感想文を書いた記憶がある。当時、本書の内容がどれほど理解出来たのかは分からないが、少なくとも今までに読んだことのない物憂い読後感を得たのは確かだ。

  • 悲しかった。主人公ハンスの気持ちが痛いほどわかってつらくなった。ハンスは神学校での抑圧された環境から逃げ出して、みんなから遅れて機械工になるんだけど、結局悲劇的な最期を遂げることになる。神学校から抜け出すことは作者ヘッセと重なる部分があるんだけど、ヘッセ自身は「詩人になりたい」という夢があって、そこに向かうことができた。でもハンスはその目標みたいなものがなかったんだよね。「夢」「希望」って安っぽいほど言われているけれど、そういう命の瀬戸際みたいなところに於いてはやっぱり大切なものなのかもしれない。もう少し早く読みたかったなと思いました。

  • 「まあ、待てよ。」
    と、ハイルナーはわざと冗談めかして言った。

    「そんなつもりじゃなかったんだ」

  • 学生時代に読んだ記憶がある程度で、中身ももう覚えていないのですが、強く心を揺さぶられたことだけは覚えている一冊です。

  • 初ヘッセ。
    ずっと昔に書かれたのに、今につながる心理描写にはっとさせられた一冊。

全84件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)
1877~1962年。ドイツ、バーデンヴュルテンベルク州生まれ。詩人、作家。1946年ノーベル文学賞受賞。代表作に『青春彷徨』(『郷愁』)『車輪の下』『デーミアン』『シッダールタ』『荒野の狼』『ガラス玉遊戯』などがある。

「2019年 『文庫 愛することができる人は幸せだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヘルマン・ヘッセの作品

ツイートする