車輪の下 (集英社文庫)

制作 : 井上 正蔵 
  • 集英社
3.53
  • (54)
  • (77)
  • (161)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 803
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087520217

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2003年11月。

  • 幼少期は自由に遊ぶのが一番なんだと思いました◎車輪の下に押しつぶされる☆

  • 人生勉強が全てではないんです。むしろそんなのどうでもいいんです。でもそれに気付かない人が多い。周りに過度な期待を寄せられて生きてきた人なら尚更。私はもっとリラックスして人生に挑もう。

  • 勉強がすべてではないんです。

  • 中学のときに始めてよんで、
    すごい難しいなぁと思った。
    でもたまーにまた出してきて
    読み直すっていう。

  • 表紙が萩尾なんです!内容とリンクしすぎでホント良い残酷加減なんです。

  • 南ドイツの小さな町。父親や教師の期待を一身に担ったハンス少年は、猛勉強の末、難関の神学校入試にパス。しかしその厳しい生活に耐えきれず、学業への情熱も失せ、脱走を企てる。「教育」という名の重圧に押しつぶされてゆく多感な少年の哀しい運命をたどる名作。

  • 何回読んでも、読みにくいし、分かりにくいし、全然進まない。。。!!!
    だけど、なんだろう。
    読んだ後の余韻の味わいがこの作品だけずばぬけて長い!!

全84件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)
1877~1962年。ドイツ、バーデンヴュルテンベルク州生まれ。詩人、作家。1946年ノーベル文学賞受賞。代表作に『青春彷徨』(『郷愁』)『車輪の下』『デーミアン』『シッダールタ』『荒野の狼』『ガラス玉遊戯』などがある。

「2019年 『文庫 愛することができる人は幸せだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヘルマン・ヘッセの作品

ツイートする