ふしぎの国のアリス (集英社文庫)

制作 : Lewis Carroll  北村 太郎 
  • 集英社
3.44
  • (28)
  • (27)
  • (83)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 443
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087520231

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙が可愛くて買いました。ディズニーのアリスとは所々内容が違いますね。もう何年も海外物を読んでいないので読み慣れていない所為か読みにくかったです。

  • 羽海野チカさんの表紙イラストの可愛さに惹かれ、つい購入してしまった。

    自分にはこの訳は合わなくて、楽しめず……。当たり前だけど、同じ話でも訳者によって全然違うんだな、と考えさせられた。

  • 翻訳が・・・

  • 子供の頃、アニメを見て知っていたアリス。

    挿絵に惹かれて買ったのだけど、
    奇妙な世界観に不思議と引き込まれて
    キャロルの「不思議の国」に、
    いつの間にかハマってしまった感じ。

    ただ、本文もさることながら
    ジョン・テニエルの挿絵は、
    やっぱりやっぱり、素晴らしい!!

著者プロフィール

原作者。
1832年-1898年。本名はチャールズ・ラドウィッジ・ドジソン。
イギリスのオックスフォード大学クライスト・チャーチ学寮の数学講師であったが、
ペンネーム、ルイス・キャロルの名で『不思議の国のアリス』を執筆、出版。
『不思議の国のアリス』は現在に至るまで世界各国語に翻訳され愛され続けている。

「2019年 『不思議の国のアリス 型ぬきワンダーブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ふしぎの国のアリス (集英社文庫)のその他の作品

ふしぎの国のアリス 単行本 ふしぎの国のアリス ルイス・キャロル

ルイス・キャロルの作品

ツイートする