青 猫 萩原朔太郎詩集 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.62
  • (17)
  • (14)
  • (41)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 241
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087520408

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「遠い遠い実在への涙ぐましいあこがれ」って朔太郎は言う。けど、彼の言葉で紡がれ広がる色と音楽と郷愁の原風景には、闇に飲まれない、揺るがない気品がある。
    あと、短歌のよう。美しい。
    また、彼に言わせれば思索的憂鬱症たる言葉も、それも艶かしい湿度を孕み、人の心の秘密のところへ、柔らかく残響を響かせる。
    鶏の鳴く声などは、ザックリ、はらわたを掻きむしり、血が流れる。
    朔太郎の慰安は、脈を打ち、しっかり生きて飢えて訴えってくる。
    そうしながらも、暗く囁く風の音に消えていく。
    「とをてくう、とをるもう、とをるもう」
    夜の沼は甘美に、青い憂鬱は整頓される。

  • 仄暗さと艶めかしさが堪らなくツボでした。桜、およぐひとが特に印象的。虚無の鴉→我の持たざるものは一切なりの流れは鳥肌モノでした。

  • 解説を読みながら、詩を読んでいくのが面白い。短い言葉だけで感じられることには限りがあるから詩集は敬遠してきたけど、そこに作者の年表から表現したかった思いを考えてようやく身近に感じられたような。詩を純粋に楽しむのもありだろうけど、こんなに豊かな感受性に追いつけない未熟な読者なので。

  • 近代象徴詩の第1作にして、頂点を極めたのが『月に吠える』であった。朔太郎は自らの詩を「遠い遠い実在への涙ぐましいあこがれ」だというが、そうした感情を詠いあげるのは象徴詩においてこそ可能であった。6年後に朔太郎は『青猫』を世に問うが、こちらもまた同様の意味において象徴詩である。ただ、その詩的情調においては違いを見せる。再び朔太郎の言葉を借りれば、それは「思索的鬱憂性」ということになる。篇中の詩のいくつかはこれを強く表象するが、例えばそれは「鶏」で詠われる「とをてくう、とをるもう、とをるもう」の響きである。

  • 「犬は病んでゐるの?お母あさん。」
    「いいえ子供 犬は飢ゑてゐるのです。」

    のをあある とをあある
    のをあある やわあ

  • 朔太郎天才だー!

  • 初めて買った詩集。日本語の可能性を知る。

  • ばくてりやがおよいでゐる。
    尊敬と悪意を以って、独り善がりなあの子の世界とシンクロ。

  • 665夜

  • 日本人なのに萩原朔太郎を読んでないひと、興味ねーよってひとは確実に損をしていると思う。美しすぎてため息。薄暮の部屋がいちばんすきです。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)1886年~1942年。日本近代最大の詩人。生前に発表された詩集は『月に吠える』『蝶を夢む』『青猫』『純情小曲集』『萩原朔太郎詩集』『氷島』『定本青猫』『宿命』。他に詩論『詩の原理』、アフォリズム集など多数。

「2013年 『宿命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原朔太郎の作品

青 猫 萩原朔太郎詩集 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする