子供の領分 (集英社文庫)

著者 : 吉行淳之介
  • 集英社 (1993年9月1日発売)
3.24
  • (5)
  • (13)
  • (52)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :192
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087520422

子供の領分 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 無垢な子供時代はいつか終わりをつげ、不条理かつ割り切れない大人の世界に巻き込まれる。少年たちの感じる違和感は他者との関わりの中で、また自らの成長を通して膨らんで行く。少年時代に感じていた捉えどころのない違和感を生々しく思い出しながら読んだ。人間は成長を後悔しない事を思った。

  • なんのこっちゃさっぱり分からん。様々な幼少期の経験を短編ごとに別物語で書いているのかな?その先に何があるのか。むしろ、その根源に何があるのか?
    これはどうやって読むべきなの?雪国同様、読み方がわからんよ。

  • こんな少年がどこかにいた。

    よくわからなかった、というか、あえていうなら、何も起こらない、内省的な話で、こういう話を消化する力が弱っているんだなと思った。教科書に載っている話っぽい感じ(しかも、よくわからん系)がする。

  • 子供の善意と悪意は、本人がその重さに耐えられない分だけ純粋で偉大だ
    子供の頃の様々な葛藤を 思い起こさせる短編集だった

  • 昭和ですねー。簡潔で鮮やかな文体。

  • おとなへの萌芽を身の裡に兆した少年の硬直した自己愛と衝動と罪悪の物語。
    自分では決して分かりえないその感覚にどこか餓えるようにふれたくなることがある。

  • 今年3冊目。
    吉行淳之介さんの本。短編集で全部で9話。
    収録されてる「斜面の少年」はセンター試験国語(追試だったかな?)にも出題された。
    センター試験解いたときからずっとその話を最初から最後まで読んでみたいと思ってたから、読めて良かった。

    主人公が小学生の話が多い。
    確かに自分もこういう気持ちになったことあるなぁと感じることが多かった。
    父親との微妙な距離感とか、女性に対してとか。
    でもたぶん小学生では思わなかっただろうけど。
    この話に出てくる少年たちはみんな早熟。そしてそれはたぶん作者の少年時代を反映したものなのだろうなあ。
    今年はもっと吉行さんの作品を読んでいこう。

  • 2007/4/22、2010/12/5

  • 高校の教科書に載っていた短編の印象が忘れられなくてネットで探してたどり着きました。教科書に載っていたのは「童謡」でした。前に読んだときも感じた薄気味悪さをもう一度味わえていままでの少ない読書の中でもかなり好きだと思いました。蒲団の国の王様になれるんだ…。

  • 泣くばかりの子供ではないけど、絶望するほど大人でもない。

全18件中 1 - 10件を表示

子供の領分 (集英社文庫)のその他の作品

子供の領分 (角川文庫)の詳細を見る 文庫 子供の領分 (角川文庫) 吉行淳之介

吉行淳之介の作品

子供の領分 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする