生れ出づる悩み (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.29
  • (2)
  • (22)
  • (26)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 179
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087520545

作品紹介・あらすじ

自分の才能を信じて夢を追うのか、それとも今このままの現実を生きていくのか-。画家になりたいという一途な想いを抱きながらも、家族の生活を支えるために、漁師という過酷な労働に従事しなければならない青年・木本。圧倒的な北海道の自然のなかで、「いかに生きるか」という青年の深い苦悩を描き切った傑作小説。著者の作品と人生を読み解く文庫オリジナルのブックガイドも収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 確実に表紙だけで買った。←

  • 画家を志しながらも、漁師としての生活に追われ
    苦しい日々を送る青年
    このまま絵を描き続けていいものかどうか
    悩んでいる
    彼と知りあった小説家は
    彼の手紙と談話を下敷きにして
    漁師にしか知り得ない生活苦と、海の脅威を作品にしたためる
    それはひとつの挑発でもあるだろう
    いまきみが描かなければ他の誰かに描かれてしまうのだぞ、という…

    非常にこう、白樺らしいヒューマニズムであるが
    しかし後にはこれが、体験至上主義となって
    有島武郎じしんを行き詰まらせたようにも思える
    それを突破するための
    「惜しみなく愛は奪う」だったにしても
    有島武郎は
    人を蹴落とすぐらいなら死んだほうがマシというタイプだった

  • タイトルからは柔なイメージがするが、人も自然も力強く感じる。

  • 希望の物語りだ。
    不思議と元気付けられている。

  • 芸術の道に進みたい若者が、夢を追うべきかいなか悩む話。
    芸術とは関係ない別の仕事をしながら、「あー自分は何のために生きてるんだろ」と考えるかんじ、すごく共感できた。
    だけど結局、その先どうするかというのは自分が決めなきゃいけない…という形で答えを出さずに終わってしまったことに絶望した。わたし自身、答えが欲しくて読んだからかもしれない。。誰も背中を押してはくれず、責任も持ってくれないから、とにかく自分が動くしかないっていう現実を突きつけられた。

  • 名作に星を付けるのは気が引けますが。
    自己陶酔的な表現や内容に全く共感できなかったので星二つで。

    情景描写なんかは秀逸です。
    秀逸過ぎて、文体に酔ってる感じが伝わってきます。

    そもそもこの”悩み”の種類がナルチシズムそのものであり、
    それを見抜いている語り手のナルチシズムが作品全体に感じられます。

    そんなナルチシズムに共感できないのは、私自身がナルシストだからに他なりません。

  • 夢をあきらめて、生きていけるのか?



    帯に書いてあるメッセージにひきつけられるものがあった。



    夢がある。

    諦められない夢がある。

    だけど、追いつづけられないことも分かっている。

    自分に自信が持てないから。

    平凡だけど与えられた人生、それを捨ててまで夢を追うことは出来ない。

    すべてが中途半端。

    だったら生きてる意味はあるのか?



    人に相談したって答えが出るわけではない。

    自分自身が乗り越え、

    導き出さねばならない答えだから。

    夢を追えと言えるのも、

    諦めろと言えるのも、

    自分自身だけ。


    そうだね、逃げてちゃいけないのかもしれない。


    人間、いつの時代も同じ悩みを抱えているんだね。

  • 20111118

  • ニセコなどを舞台とした作品です。

  • 夢は叶えたいが現実的は厳し過ぎて、心が折れてしまいそうな時に読みたい一冊。

全23件中 1 - 10件を表示

生れ出づる悩み (集英社文庫)のその他の作品

有島武郎の作品

生れ出づる悩み (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする