鏡の中の少女

  • 集英社
3.81
  • (28)
  • (34)
  • (45)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 265
感想 : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087601282

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分の過去と重なってフラッシュバックして涙が止まらなかった。強烈な一書だと思う。こういう家族になってはいけない。このご時世の生きにくさも感じる。

  • バレエをもっと上手になってプロのダンサーになりたいと、レッスンをつけてくれるマダムにほめられたいという一心でダンサーとしての痩せた体型になろうとダイエットを始め、次第に拒食症へと落ち込んでいく少女の物語。
    あまり小説的ではなく、拒食に陥った少女の一例をわかりやすいストーリーに乗せて綴られている。
    根本的な原因はやはり家族関係であるという分析なんだけど、末っ子がこうなるっていうのはなかなか珍しいことかなと思う。

    私は長女だからフランチェスカの気持ちというか家族内での状況はよく理解できた。異常に手のかかる兄弟もいたし。

  • フィクションだけどリアル。
    小さなとげで身を守ろうとするバラのような女の子が悲しい。

  • 拒食症、過食症、リストカットなどの現場を良く知り良く理解する大人・レベンクロン。この人の小説は一読の価値があります。壮絶な内容が、すごく受け入れ易く書いてある。続編の『鏡の中の孤独』も是非。

  • 若い頃、私のことを拒食症だと騒ぎ立てる母親に対して、自分が病気じゃないことを確認するために読んだ本。

  • 実際に関わりを持つものとして、共感できるところが多い。
    シャーマン先生の言葉はどれも暖かく、実践的です。
    借り物でしたが、購入を検討します。

  • 原題は『The Best Little Girl in the World』。Steven Levenkronによる1978年発表作品。

  •  ブックオフで百五円で購入しました。
     摂食障害。拒食症といわれる症状を生きる糧と思ってしまった女の子のお話でした。
     褒められたい、見てもらいたいと思うがゆえに過激なダイエットに走り、それが拒食症へと繋がってしまう。

  • 「拒食症」
    ただ単に、やせたいという単純な理由だけではなかった。

    その背景には、色々な少女の悩みがあった。

    考えさせられました。

  • 胃がもたれてしまったのでいつかまた読む。

全36件中 1 - 10件を表示

杵渕幸子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーブン・レ...
ヘルマン ヘッセ
スティーブン・レ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×