海を見たことがなかった少年―モンドほか子供たちの物語 (集英社文庫)

制作 : 豊崎 光一  佐藤 領時 
  • 集英社
3.63
  • (18)
  • (17)
  • (28)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 235
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087602685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • モンド:モンドが話しかける人と、そうでない人との違いにきゅんとした。
    リュラビー:学校に戻るのかなあと思うと切なくなった。
    童児神の山:山のミニチュア石を眺める場面がたまらない。
    水ぐるま:王国の白昼夢にロマンを感じた
    海を見たことがなかった少年:いなくなった人の話をする話は大好き
    アザラン:夢十夜の第四夜みたいなことになってびっくりした
    空の民:あおは光だと思った
    牧童たち:「アフリカの日々」を読んでてよかった…と思った

  • 100ページで挫折。

  • 感想はブログにて。
    「夢想としてまるで絵のような風景をみる」
    http://mihiromer.hatenablog.com/entry/2016/08/25/222353

    「束の間の越境」
    http://mihiromer.hatenablog.com/entry/2016/08/27/183251

  • レポートのため読んだ作品。情景描写は素晴らしかったけど、全くストーリー性がなく、退屈だった。

  • 15/10/24、神保町・三省堂古書館で購入(古書)。

  • なかなか読み進まなかったけど、読後の印象は良好。

  • ずいぶん前に読んだのに、未だにあの、無中になって読みふけった充実感がからだのどこかに残っている。
    友人にも読んで欲しくて貸してそのまま返ってこず、古本屋で見つけては何度か買った。

  • モンドの話は良かった

  • こどもたちと彼らのお気に入りの場所の短編集。

    こどもたちの視点で見える、海、空、山・・・
    新鮮な、美しい自然を瑞々しい描写で神秘的に描いています。
    それらは大人が忘れてしまった感性。

    最後にほとんどのこどもたちが現実の大人が構築した社会へと引き戻されてしまいます。
    だからと言って、こういうこども時代の体験が貴重なものであることは否定できない。

    「モンド」、「アザラン」、「牧童たち」が特にお気に入り。

  • 翻訳が悪いのか元の文章が複雑なのか、日本語が良く分からなくて挫折しそうになったお話が何本かありました!

全24件中 1 - 10件を表示

海を見たことがなかった少年―モンドほか子供たちの物語 (集英社文庫)のその他の作品

ル・クレジオの作品

海を見たことがなかった少年―モンドほか子供たちの物語 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする