ビラヴド (集英社文庫)

制作 : Toni Morrison  吉田 廸子 
  • 集英社
3.81
  • (8)
  • (12)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (527ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087603491

作品紹介・あらすじ

『ビラヴド』-忽然と現れた謎の若い女はそう名乗った。女の名は逃亡奴隷のセテが、自らの手で殺した娘の墓碑銘「ビラヴド(愛されし者)」と同じだった…。南北戦争前後の時代を背景に、黒人女性の半生を通して、黒人奴隷が自由の意味を知り、自由を獲得するためになめた辛酸を壮大なスケールで描いた愛と告白の物語です。本書は『ビラヴド愛されし者』の文庫化で、93年度ノーベル文学賞受賞作家の代表作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは訳者が悪いのか私の察しが悪いのか、文章は読めるのですが、散文のようでまったく頭に入ってきませんでした。もうちょっと分かりやすくしてくれても良かったんじゃないかなぁ…。何度か「もうやめよう」と思ったんですがなんとか最後まで読み切りました。翻訳物は難しいなぁ。

  • 南北戦争前後の時代に、奴隷としての経験の中で癒し難い傷を負った人達の、自身の記憶との葛藤を描いた小説です。

    陰鬱で重厚なテーマを扱った小説ですが、ただ重たいだけではなく、すごく読んでいて引きつけられました。

    語り部となる登場人物は、自らの記憶・トラウマに対して「語らなければならない」「忘れてしまいたい」という矛盾した思いを抱いており、そのことが物語に鮮烈さと緊張感をもたらしているようでしたし、また多用される詩や歌も、(上手く言えないのですが><)アフリカの口承文化のような、エスニックな味わいを加えているようでした。

    そして、ビラヴドというキャラクター(主人公セサの前に現れた謎の若い女性。セサが自らの手で殺した赤ちゃんの墓碑銘[愛されし者]と同じ名前)を登場させることで、リアルでありながら幻想的でもあるような、絶妙に重層的な読み応えがつくり出されているんだなと思いました。

    あっという間に読んでしまいました。面白かったとはいえ結構体力を消費するたぐいの小説で、なんというか、凄まじい映画を観終わった後に座席からしばらく立ち上がれなくなるような、そんな感覚がしばらく残りました。

  • 逃亡中の黒人奴隷が漆黒の闇の中、川を渡る。舟の中、産気づいて川べりに彼女が見た無数のアオシダの胞子たち。たとえそれらの命は一瞬でも、それらが夢見る時間は永遠よりもなお長い。

  • 南北戦争前後の時代。
    奴隷として虐げられていた黒人女性を主人公にした、厳しく、激しく、時にファンタジックな物語。
    ノーベル文学賞を受賞した作者の文体は、ちょっと読みにくく、時間がかかってしまいましたが、面白かった。

    アフリカから奴隷として連れてこられた人たちの、過酷な人生。
    それを幽霊譚と絡めて、不思議なストーリー展開になっています。
    文章もそうですし、物語自体が、初めて接するものでした。文化が違う、と感じました。

    日本人の感性とは違うと思います。
    ですが、強く生きようとする女性の姿は、やはり感動的でした。

  • 白人に我が子が『汚される』のを恐れるあまり、我が子を手にかけてしまった黒人女性セスを中心に、白人による黒人虐待を描いた物語。白人に『汚される』くらいなら、『死ぬ』ほうがずっとまし…セスとビラヴドとストーリーをはじめとして、登場する黒人たちの苦悩や悲しみが、ひしひしと伝わってきました。当たり前にある差別・偏見・暴力。人種差別が身近でない日本人であっても、心に残る場面が多い本でした。

  • 【概要・粗筋】
    時代は奴隷制度廃止後のアメリカ北部。124番地の家に、娘のデンヴァーとかつて自分の手で殺した娘ブラブドの幽霊と共に暮らす逃亡奴隷・セテのもとに、かつて奴隷仲間であるポールDがふと訪れ、その幽霊を追い出す。三人で町にきたサーカスを見に行った帰りに、娘と同じなの名をもつ身元不明の女が突然現れる。逃亡奴隷・セテとその家族の悲劇的な姿を描く小説。


    【感想】
    マジックリアリズムあふれる小説で、かつ、その内容の重厚さに決して読みやすいとは云えないのだけれど、読み始めるとスラスラ読み進めてしまった。

    奴隷制度があった時代で、黒人を主人公にした小説を始めて読んだので、奴隷制度の過酷さに圧倒された。第二部最後のスタンプとポールDの以下の会話が印象的だった。

    「『教えてくれ、スタンプ』ポールDの目はショボショボしていた。『このことを教えてくれ。クロンボはどれだけ耐えなきゃならんのだ? 教えてくれどれだけだ?』『精一杯だ』スタンプは答えた。『できる限りだ』『なぜだ? なぜだ? なぜだ? なぜだ? なぜだ?』」

    訳者あとがきに書かれているように、多くのテーマを含んでいる小説なので、一度だけではなく二度、三度読むに値する。

  • 南北戦争前後の時代を舞台に、逃亡奴隷の女性セテとセテに関わる人々を描いた作品。
    表題の「ビラヴド」すなわち「愛されし者」は、すでに失われてしまった存在でもある。
    失われて、そして幾度も回帰してくる亡霊のような幾人もの「ビラヴド」に、読者もまた取り付かれてしまう。
    圧倒的にすばらしい小説だった。

  • 課題で読んだ本。
    ノーベル文学賞を受賞したトニー・モリスンの代表作で、南北戦争時代の、黒人達の生き様を描く。
    重々しい内容ではあるが、詩的な表現で割かし読みやすい。
    伝えられない、しかし忘れてはいけない、そんなアメリカの、そして全人類の記憶の一冊。

  • 重かった。疲れた。最近、読みやすいミステリーばかり読んでいたせいか、骨のある文学作品は脳にこたえた…。
    明確に何が起きたのかがなかなか説明されない。抽象的な比喩表現の連続、行ったり来たりする場面と時代、延々と続く登場人物の思考。これがまた抽象的でサラッと読んだだけでは意味が分からない。最初は翻訳のせいかなぁと思ったけれど、そういう作品だった。
    1800年代中ごろ、黒人奴隷制度で揺れる米国が舞台。人間が人間として扱われなかった時代。限界を超えた痛みを心に負った人間の苦しみが描かれる。黒人である作者が壮絶な同胞の歴史を血のインクで書き記したような重さ、においがあった。
    二度、三度読み直し、分析を重ねるともっともっと作者の意図をくみ取れると思う。でも、しばらくは読めないなぁ。

  • 読みこむと重苦しくなりますが、すごい密度をもった小説です。
    幻想と苦しみ、悲劇、最後の解放と浄化が切なくて胸を打ちます。
    読んで損はありません。

全15件中 1 - 10件を表示

ビラヴド (集英社文庫)のその他の作品

Beloved ハードカバー Beloved トニ・モリスン
ビラヴド―愛されし者〈上〉 単行本 ビラヴド―愛されし者〈上〉 トニ・モリスン
Beloved ペーパーバック Beloved トニ・モリスン

トニ・モリスンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ガブリエル・ガル...
ウィリアム・ゴー...
ヘミングウェイ
遠藤 周作
アゴタ クリスト...
三島 由紀夫
ヴィクトール・E...
ドストエフスキー
J.L. ボルヘ...
谷崎 潤一郎
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

ビラヴド (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする