風の影 上 (集英社文庫)

  • 集英社
3.83
  • (166)
  • (193)
  • (196)
  • (19)
  • (10)
本棚登録 : 1446
レビュー : 199
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087605082

作品紹介・あらすじ

1945年のバルセロナ。霧深い夏の朝、ダニエル少年は父親に連れて行かれた「忘れられた本の墓場」で出遭った『風の影』に深く感動する。謎の作家フリアン・カラックスの隠された過去の探求は、内戦に傷ついた都市の記憶を甦らせるとともに、愛と憎悪に満ちた物語の中で少年の精神を成長させる…。17言語、37カ国で翻訳出版され、世界中の読者から熱い支持を得ている本格的歴史、恋愛、冒険ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 謎の作家フリアン・カラックスのことを調べながら、主人公の毎日はそればかりではなく、恋をしたりして少しずつ成長していく。
    上巻では、作家の過去にまだやっと足を踏み入れたぐらいだろうか。
    なんだか深い因縁があるように思えるし、気になって仕方がない。

  • 舞台は、政治的混乱の収まらない1945年のスペインはバルセロナ。古本屋を営む父親に連れられて「忘れられた本の墓場」を訪れた主人公、ダニエル少年は、フリアン・カラックスの小説「風の影」と出会う。「風の影」を夢中になって読み耽ったダニエルは、他の作品も読みたいと思ったが、カラックスは無名の作家で、その作品はほとんど売れず、しかも謎の人物に買い取られては焼却されてしまっているのだという。

    ダニエル少年の青春の苦い経験と、カラックスの過去に隠された謎が織り成す極上のミステリー。下巻が楽しみ。

  • 2006年時点で37か国語で翻訳出版された本作品は、特にヨーロッパ各国で話題になり500万部を超えるベストセラー作品。
    実は本書を読み始めて100頁くらいで退屈すぎて一度読むのをやめました。
    この本が、なぜこれほど絶賛されているのかわからないまま。
    そこで、訳者のあとがきを読み、いくつかの書評に目を通すうちに、下巻のヌリアの手記あたりから本書の種明かしが始まることを知り、とりあえずそこだけ読んで、それでも面白くなければ作品との相性が悪いんだろうと諦めることにしようと・・そして結局全編を、後ろから読むことになりました。
    上巻で躓きそうになった私のような読者は、我慢して下巻まで読破してほしいことを切に願います。

    小説では2種類の人間が出てきます、誰かのために尽くそうとする多くの善人と、誰かの足を引っ張ろうとする極悪人。
    そして、一人の巨悪の前では、多くの善人の無力な様がスペイン内戦という時代背景を絡めながら展開されますが、なんといっても本書の魅力はよく考え抜かれた構想です。この着想を37歳の作家が成しえたという点でも驚きです。

    翻訳者について、書評では賛否両論が散見され、確かに所々言葉としておかしな箇所がありましたが、全体的にはそれほど悪くない読みやすい日本語訳だったと思います。

  • さまざまなことが重なり二冊の読了まで2ヶ月かかってしまいました。
    下巻にて。

  •  物語の中に物語がある、これは見事な仕掛けが施されたマトリョーシカのような小説です。

     小説の中にこの小説と同じ「風の影」というタイトルの本を書いたフリアン・カラックスという男が登場します。そしてその本の登場人物であるライン・クーベルトを名乗る顔のない不気味な男が、本の中から抜け出したように夜の街をさまよい、その本を探し当ててはことごとく焼いてしまおうとするのです。

     フリアン・カラックスの謎にとりつかれた主人公ダニエルがこれを解き明かそうとするうちに、次第にダニエルの人生はフリアンの人生と重なり合っていきます。まるでペネロペを愛したフリアンの運命をなぞるかのように、ダニエルはベアトリスに引き寄せられていきます。

     この小説はミステリーだと紹介されていますが、単なる娯楽小説に留まってはいません。意味深い言葉で人生の中にある愛憎劇や悲劇を描いています。上巻では、登場人物たちは欲望や憎悪や嫉妬に駆られ、あるいは絶望の前で人生の意味を見失いかけています。誰もが不幸を抱えているようで、読み進めることを辛く感じるほどです。それは内戦を迎えたスペインの暗い時代のせいなのか、それとも人間の本質なのか……。

     しかも、それらの全ては、下巻のクライマックスに向かう助走に過ぎないのです。

  • 行間まで中身がギュッと詰まった濃い1作だった。無駄な描写がなく、文章表現が素晴らしい。
    作家カラックスの哀しい物語が現在のダニエルのストーリーに重なってしまい、結末を考えてハラハラした。
    それぞれの登場人物に人生がある。それを最後まで丁寧に描き切っていて、読みながら感動した。
    素晴らしい文章を日本語に訳した翻訳家の方も凄い。

  • 一応書店員ということでポップを書くわけです。
    でも洋書だし読んだことないから、必死のリサーチでポップ作り上げるわけですよ。
    そしたら、どうしても本読みたくなっちゃって購入ww
    結局書店員も書店の重要な客となるわけですよね・・・

    今までほとんど外国文学読めなかったんだけど、内容を大まかに知っているだけに読みやすかったです。
    そして今まで読んだことないタイプの小説。
    ミステリー?なんだろうけどちょっとどういう方向に向かっていくのかまだわからない。
    これからどんな展開になっていくのか、どういう結末に陥るのか、小説と青年の数々の共通点はどこにつながっていくのか・・・
    下巻に期待。

  • 「本を読む者にとって、生まれてはじめてほんとうに心にとどいた本ほど、深い痕跡を残すものはない。はじめて心にうかんだあの映像、忘れた過去においてきたと思っていたあのことばのよいんは、永遠にぼくらのうちに生き、心の奥深くに「城」を彫りきざむ。そしてーその先の人生で何冊本を読もうが、どれだけ広い世界を発見しようが、どれほど多くを学び、また、どれほど多くを忘れようが関係なくーぼくたちは、かならずそこに帰って行くのだ。」
    「この無限にひろがる墓場のなかで、ぼくがまったくの偶然から、一冊の知らない本の内側にすべてをつつみこむほどの宇宙を発見したとしても、いっぽうでは、数えきれないほどの書物が、誰に開拓されることもなく永遠に忘れ去られていく。放置された何千万というページ、宇宙や持ち主を失った無数の魂に、ぼくはかこまれているような気がした。そんな本のぺーじたちが、暗黒の大洋に沈んでいくあいだに、この壁のむこうに息づく世界は、日々「記憶」を失っているのだ。自分でも気づかないうちに、しかも忘れれば忘れるほどよけいに賢くなったかのように感じながら。」

    スペイン発の本が売れるってすごいんじゃないか、と思って購入。
    少し不思議で次々に現れる謎は読者をあきさせない。
    バルセロナに行ってみたくなる一冊。あと、スペイン内戦時のこととかも知っているとより楽しいと思う。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「次々に現れる謎は読者をあきさせない。」
      本に纏わる話だと聞いて読み始めたら、面白過ぎて途中で止められなかった!
      しかし続編の「天使のゲーム...
      「次々に現れる謎は読者をあきさせない。」
      本に纏わる話だと聞いて読み始めたら、面白過ぎて途中で止められなかった!
      しかし続編の「天使のゲーム」は積んである、早く読まなきゃ。。。
      2013/05/21
  • バルセロナを舞台に、謎の作家の影を辿ろうとする青年の話。

    次第に明らかになっていく作家の過去と青年の身に起こる現在がシンクロしていき、不思議な世界観に浸れる…一気に読みたい!


    バルセロナの歴史や宗教、生活を知っていれば、もっと面白いにちがいない。自分の知識の無さが口惜しい!

    後半でどんなオチが待っているのかが楽しみ☆

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      新刊「天使のゲーム」は読まれましたか?(私は近日中に読む予定です)
      「バルセロナの歴史や宗教、生活を」
      「風の影」のサイトにバルセロナガイド...
      新刊「天使のゲーム」は読まれましたか?(私は近日中に読む予定です)
      「バルセロナの歴史や宗教、生活を」
      「風の影」のサイトにバルセロナガイドマップが載ってます。。。
      http://bunko.shueisha.co.jp/kaze/index2.html
      2012/08/22
  • 2008/09/30

全199件中 1 - 10件を表示

カルロス・ルイス・サフォンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
あさの あつこ
東野 圭吾
劇団ひとり
宮部みゆき
宮部 みゆき
カルロス・ルイス...
カズオ イシグロ
エリザベス・コス...
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

風の影 上 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×