風の影 上 (集英社文庫)

制作 : 木村 裕美 
  • 集英社
3.82
  • (156)
  • (186)
  • (189)
  • (19)
  • (10)
本棚登録 : 1293
レビュー : 193
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087605082

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • michiさんリコメンド。

    まだ上巻なのでいろいろ謎ばかり。
    下巻期待age.

  • マイミクさんの推薦で手にした一冊。

    上巻を読了。
    バラバラだった糸が絡みあってきた。

    全体のレビューは下巻を読んでから。

  • 古本屋へ

  • 小説

  • 挫折

  • おもしろい!ミステリーとしても、青春ものとしてもおもしろい!あと、本好きならなおおもしろい!!

  • 謎めく出だしで、つかみはいいんだけど、
    文章が読みづらいっす。

    でもって登場人物が多くて、馴染みのない名前だから
    も誰が誰やら...。
    後編に期待。

  • 謎、謎、謎、どう決着つくか期待値最大限にアップ中。

    ささ、次巻へ。

  • バルセロナが舞台の小説

  • 忘れられた本の墓場 コレラ鷲みたいな顔の小柄な男 組合ギルド 話の構成がロシア人形マトリョーシカのよう カテドラル大聖堂 秘密というのは、それを守る人間の価値に値する 机上の空論 時代錯誤アナクロニズム キリスト文明の揺籃の地 アナーキス無政府主義者 アクセント抑揚のないラテン語で ロックフォール青黴チーズ 洗練された趣味を持つ人だった 軽佻浮薄な無学の娘を育てつつある自分の教授ぶり 文体の神秘に身をまかせるという悦び 共産主義者コミュニスト 自身の淡い投影、孤独や喪失の反響 隠された怨恨の世界 姪のクララ 生涯のかたきメネシス 性衝動が原因だという 色欲の罪 ただいま失業中の元役人 独裁者フランコ 腸詰チョリソ 不吉な門番ケルベロス 結核 流暢に話せない フェルマーの最終定理 メシア救世主 この世の終わりアンチクリスト トマスの発明品 磔刑たつけいの十字架 凌辱的な行為 ベアトリス 女っていうのは、本当は、自分で心に思い描いていることや、宣言することとは反対のことを望んでいるんだって。つまりね、よく考えれば、それほど手に負えないものでもない。だって男は、いまさら言うまでもないが、女と違って、逆に生殖器や消化器のいいなりなんですからねえ マグマの如く燃え滾るリビドー性衝動 ムラータ混血女性 「フェルミン、あなたって詩人ですね」 オルテガ派 実用主義 ドンファン 誠実な女 幸せな女 フメロ刑事のブラックリスト スグス キューバ葉巻のモンテクリスト 教会のミサビジネス 潮は何時も戻ってくる 進化もへったくれもあったもんじゃない。まともに物を考えることのできる人ひとりのために、私は、九匹のオラウータンと闘わなきゃならんのです。 アバンチュール情事 偽善のまぐさ桶 自分のゲームがはっきり見え始めるか、もう完全に投げ出しちまってるかのどっちかなんだ。 三つ子の胤をおとしてやって、神様みたいな顔してる 本は鏡と同じだよ。自分の心の中にあるものは、本を読まなきゃ見えない 武器製造の追い風に乗って 死ぬことに意味を見出した 守衛の息子ハビエル 頭のない体 片キンのラモン 新陳代謝が速い 我々ぐらいの歳になるとねえ、血液は、体の軟らかい部分に流れるよりも、ちゃんと頭の方に流れて行くんです。 よく言うよ! 人生なんて、あっというまに過ぎちまう。特に、生きるに値する時期は尚更ですよ。神父さんの言ったことをきいたでしょ。光陰矢の如しですからね。 運命はね、いつも道の曲がり角にいるんです。 哲学的金言 穢れない 庇護の祈り 豪華絢爛たる建物の数々 鉄鋼王アンドリュー・カーネギー ラスプーチン はじめて女性の服を脱がせる経験に比較できるものはない 奇跡は一度しか起こらない

全193件中 11 - 20件を表示

カルロス・ルイス・サフォンの作品

ツイートする