失われた時を求めて 8 第四篇 ソドムとゴモラ 2 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

制作 : 鈴木 道彦 
  • 集英社
4.05
  • (9)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (696ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087610277

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 時代は動いているようだ。これまで社交界の華であったゲルマント公爵夫人が凋落した訳ではないが、少なくてもバルベックでは、ブルジョワ階級のヴェルデュラン夫人が台頭してきた。シャルリュス氏までが頻繁に出入りするほどに。もっとも、このシャルリュス氏の行動の裏には宿痾ともいうべき性癖がある故なのだが。また、成りあがりのヴェルデュラン夫妻にはカンプルメール侯爵とシャルリュス男爵(兼ブラバン公爵、オレロン大公…)との序列さえわからない。いずれは、そうしたことも意味を為さなくなり、物語は大きな転換点を迎えようとしている。

  • 最初の方の延々ある地名の語源みたいな説明が意味わからなくて辛い。
    見えないアルベチーヌの同性愛的疑いに悩む主人公だがそれよりモレルに入れ込んだシャルリュス氏の方がたいへんだ。っつーかゲルマント大公とシャルリュス氏、血縁ある?‥‥のにモレルと知れずに穴兄弟になってんの? ホモの三角関係とかその修羅場に踏み込むしかも身内とかすげーな。その挿し話がさっくり書かれていてすげー本だと思いました。

  • 凡例
    はじめに

     第2章(続)
     第3章
     第4章
    訳注
    主な情景の索引
    本巻の主な登場人物
    エッセイ ヴィスコンティを通ってプルーストへ 菅野昭正
    (目次より)

全4件中 1 - 4件を表示

マルセル・プルーストの作品

失われた時を求めて 8 第四篇 ソドムとゴモラ 2 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする